人工衛星から一望出来る中東油田地帯

中東油田地帯はこのように狭い
 ペルシャ湾を東に見た、人工衛星からの写真。 現代文明が最後に頼る中東とは、この程度の大きさでしかない。中東広しと言えども、その7%の5カ国、右からUAE,サウジ、クウェート、イラク、イランのみに石油が集中する。それらの超巨大油田は殆どが数十年の老齢である。
 遠方に見えるのがホームズ海峡、もしここが封鎖されれば世界が崩壊するが、中東に90%を依存する日本が真っ先にこける。だが一番暢気、何とかなると思うのであろう、「石油ピーク」など聞く耳を持たない。信じるか信じないのどちらか一つ、その間に様々な思考があるとは思わない、思考停止する、妙な国である。
b0085879_044721.jpg

 真下がイラクのチグリス・ユーフラテスの河口、文明発祥の地であるが、今は砂漠。左の皺がイランのザクロス山脈の連なりである。ホームズ海峡の狭さに注目されたい、ここが封鎖されたら世界、特に日本はどうなる。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2006-07-21 00:06 | ご存知ですか?
<< 「省エネも間に合わない」:毎日... 石井吉徳著:石油最終争奪戦-世... >>