<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「文明の起こす災害から学び、自然との共生社会への道を探る」

NPOもったいない学会
第三回「自然との共生社会フォーラム」 代表:田村八洲夫  幹事:鈴木 秀顕

テーマ「文明の起こす災害から学び、自然との共生社会への道を探る」
 地球物理学者寺田寅彦は、著書『天災と国防』の中で、「文明が進めば進むほど天然の暴威による災害がその激烈の度を増す」と指摘しています。災害の中に公害も含めて解釈すると、経済成長のみ追求している日本文明に対する現在も生きた警告であります。一方、ことわざ「備えあれば憂いなし」は、「自然の恵みを生かし、そして自然の脅威から地域を守る、古来からの日本人の知恵」を
語っています。 
 今回のフォーラムでは、このような視点で、プログラムを構成しました。 奮ってご参加ください。

日 時 : 2014年4月8日(火) 1時~5時
場 所 : 東京大学本郷キャンパス 山上会館  201・202

プログラム
① 1:00~2:00 講演A 「過去の3大公害、制御不能の現代フクシマ、来る関東震災の脅威から何を見るか」
  講演者:石井吉徳(もったいない学会会長・元国立環境研究所長)
② 2:10~3:10 講演B 「足尾鉱毒事件での田中正造翁の闘いから学ぶこと~国家と「村」の存在に関する文明的意味~」
  講演者:旭岡叡峻(もったいない学会理事・(株)社会インフラ研究センター代表取締役)
③ 3:20~4:10 講演C 「地域で作るエネルギーの共同プロジェクト」
  講演者:山口勝洋(サステナジー㈱代表取締役社長)
④ 4:20~5:00  討論 司会:田村八洲夫

5時以降 交流会(近所の居酒屋:実費)
フォーラム参加無料4月7日までに参加通知をください。 田村宛メール:yashima@tea.ocn.ne.jp
アクセス・お問い合わせ | 東京大学山上会館 sanjo.nc.u-tokyo.ac.jp, 東京大学山上会館
-------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-03-30 07:55 | もったいない学会

米MITが研究開発、その透明太陽電池PVの可能性は

アメリカMIT,マサチューセッツ工科大学の透明な太陽電池PV開発とその可能性
Transparent solar cells Generating power from everyday surfaces 
透明な太陽電池PVは画期的な可能性がある、透明だから窓にも、ビル側面にも張れる、ハウス農業にも。柔軟性があれば何処にも使える、今後の可能性が注目される。
太陽光のスペクトルは紫外線、可視光線、そして近、遠、熱赤外域と広範囲に分布する。その内、可視域だけが人の目に見える、つまり可視域である。

b0085879_4292333.png

b0085879_430227.jpg

b0085879_433456.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-03-30 04:31 | エネルギー、環境

99%の反乱

現代文明、その大いなる歪
2014年3月)ウクライナの騒動、中東の不安定、日本の政治、経済、アカデミズムの展望の無さ、最近の理研STAP疑惑の若い研究者の早大博士論文でのコピペ、そして世界に広がる不安定要因、その根底にあるのは一体何か、2011年11月の3・11後の下記Blog内容、3年後も変更する必要がないようだ、むしろ再確認させられている、その根底には成長至上主義のマネーばら撒きは資源制約、有限地球下での社会格差の更なる拡大である。

2011年11月)ウォール街のデモ、社会指導層からの若者の離反、世界の不安定、擾乱の根本には現代社会,文明の大きな歪がある。図のような超格差社会、トップ1%のあまりの強欲、度が過ぎている。99%の不満、反乱が理解できる。
b0085879_8475640.gif

[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-03-18 11:19 | 新しい文明の構想