<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

エントロピーと社会、文明

「生命とは何か 物理的にみた生細胞」、エントロピーの視点

量子力学の巨人、シュレーディンガー著「生命とは何か 物理的にみた生細胞」から現代の混迷する社会への教訓をどうぞ、
 生命体は周囲の環境から負エントロピーを絶えず取り入れなければならない、食べ物とは負エントロピー物質、これが物質代謝の本質で、生物体は生きるために創り出されるエントロピーを常に外へ棄てている。
 表現を変えると「エントロピーを低く保つ、それが生命現象の本質」で、生態系の秩序はかくして保たれる。良質の食糧を摂取し排泄する動物、人類文明にも良質のエネルギーが欠かせないが、社会秩序もリーダーの質が大事なのです。
 もうお分りでしょう、石油減耗で文明が衰退することの意味が。無能なリーダで社会が混迷することも。ではどうするかだが、自浄能力のない高エントロピー指導者、集団は代えるしかない、そのためでしょうか古代から革命が繰返されました、知的革命が望ましいが。
 もう一つ、エントロピーとは経験則、数学で証明することでない。赤インクをコップの水に落せば拡がる、これがエントロピー増大、自然現象は確率の高い方向に進むが、この一方向性は絶対、逆は起らない、皆さんが日常経験するように。
 数多の自然法則で、エントロピー則だけが絶対といわれます、他は暫定的、ニュートン力学もそう、量子力学の質量無限大で成立しています。宇宙は膨張しています、これは永遠のエントロピー増大の過程、人間はその流れの「ゆらぎ、陽炎」のような存在でしかない、争わず幸せに生きたいですね。

生命とは何か - Wikipediaja.wikipedia.org
『生命とは何か』(せいめいとはなにか、原題:What is life?)は、1944年に物理学者エルヴィン・シュレーディンガーによって刊行された著作である。副題は『物理的に見た生細胞』とされている。
--------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-01-30 17:05 | 新しい文明の構想

「青春」 サミエル・ウルマン

青  春 サミエル・ウルマン

青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く、人は自信と共に若く、希望ある限り若く
疑惑と共に老ゆる、恐怖と共に老ゆる、失望と共に老い朽ちる


大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、偉力と霊感を受ける限り人の若さは失われない。これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる。
----------------------------------------------------------------------------------
原文  YOUTH Samuel Ullmann

Youth is not a time of life-it is a state of mind; it is a temper of the will,a quality of imagination, a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love ease.
No body grows only by merely living a number of years; peoples grow old only by deserting their ideals. Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, doubt ,self-distrust, fear and despair-these are the long ,long years that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every being's heart the love of wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things and thoughts, the undoubted challenge of events, the unfailling childlike appetite for what next, and the joy and the game of life.

you are yang as your faith, as old as doubt ;
as young as your self-confidence, as old as your fear;
as young as your hope, as old as your despair.


So long as your heart receives messages of beauty, cheer, courage, grandeur and power from the earth, from man and from the Infinite so long as your young.
When the wires are all down and all the central place of your heart is covered with the snows of pessimism and the ice of cynicism, then you are grown old indeed and may God have mercy on your soul.

Given to Mc carthur some years ago by John
W. Lewist is based on a poem written by the late
Samuel Ullmann of Birmingham, Ala.

http://home.h03.itscom.net/abe0005/ikoi/seishunn/seishunn.htm
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-01-17 17:06 | 新しい文明の構想

地球は有限、無限経済成長は出来ない

One Planet Lifestyle、「地球にちょうどいい生きかた」 (WWFより引用)

「地球は有限、資源は質が全て」、人類は無限の経済成長はできない
http://www.wwf.or.jp/campaign/2012_topl/opl.html
b0085879_928592.jpg

b0085879_9293830.jpg
b0085879_9303546.jpg

出典:公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン(WWF Japan)
----------------------------------------------------------------------------------
そして私の漫画、東大で講義に使っていました、まだ世界の人口は44億人でした、
b0085879_13185414.jpg

---------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-01-13 09:39 | 新しい文明の構想

「大いなるペテン、シェールガス」 (ル・モンド)

「大いなるペテン、シェールガス」
エネルギー事情の大転換となるか、景気の一時的活性化に終わるか?

(ル・モンド・ディプロマティーク日本語・電子版2013年3月号、訳:鈴木久美子)
ナフィーズ・モサデク・アーメド:政治学者 ブライトン開発政策研究所(イギリス)所長
http://www.diplo.jp/articles13/1303gazdeschiste.html

1) シェールガスの井戸は1~2年で涸れる
2) 開発資金を回収する為には次々と井戸を掘る必要がある
3) シェールガスの産出量が一時的に増えるのでガス価格が下落
4) 開発バブルを支える為に2008年の金融界の投資合計額に匹敵する資金が必要
5) エクソンモービルの社長は外交評議会(CRF)で「経営は赤字だ」と発言
   “Losing our shirts” on natural gas», The Wall Street Journal, New York, 27 juin 2012
6) 埋蔵量を水増しする為に、頁岩鉱床の量を多く見積もっている
-------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-01-05 21:16 | エネルギー、環境

D.Yirginのエネルギー近著「The Quest」

“The Quest” for Energy Security: The Search for More Oil and Its Alternatives
by Daniel Yergin of Cambridge Energy Research Associates

Opinion, arguments & analyses from the editors of Scientific American, By David Biello 2011
Mottanai: it’s a Japanese term that translates as “too precious to waste.” It’s the philosophy that guides the island nation’s approach to natural resources like energy, and it has become particularly important as the meltdowns at Fukushima have resulted in roughly 25 percent of Japanese electricity supply disappearing as other nuclear reactors remain shutdown.・・・・

もったいない」=Mottainaiについても説明する、著名なD.Yerginの近著「The Quest」ですが、「地球は有限、資源は質が全て」を理解しないようです、そのため最後、結論まで迷走する「楽観的エネルギー論」でした。800ページの大作ですが、残念なことです。

しかし様々なエネルギーについては、在来型の石油の歴史から自然エネルギーなど全てを網羅した記述は詳細です。その歴史から現在までを関係したキーマンの見解まで、経済ジャーナリストの目で調べ上げたピュリッツアー賞受賞者の本書は流石です。世の通説を知るに役立ちます。

問題の有限地球観と資源の質については、下記の拙ホームページご参照され、ご自分で論理の筋を通すとよいと思います、 
http://www1.kamakuranet.ne.jp/oilpeak/
---------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-01-04 00:11 | エネルギー、環境