「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新たな暗黒大陸─再生可能エネルギー政策で失敗する欧州

2013年10月17日Wall Street Journal日本語版
【社説】新たな暗黒大陸─再生可能エネルギー政策で失敗する欧州

オバマ政権が米国を再生可能エネルギーの夢の境地へと向かわせる前に、欧州ではどんな様子になっているのか調査したほうがいいかもしれない。二酸化炭素の排出を伴うエネルギー源を風力や太陽光などと置き換えるという夢の実現に、欧州大陸は米国よりはるかに近づいている。そして、その夢は悪夢の様相を呈し始めている。

彼らは本質的に、電力を作ることなく、収入がほしいのだ。
 すべての根っこにあるのは、欧州大陸のいわゆる再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)だ。これは1990年にドイツで始まった。固定価格買い取り制度は太陽光や風力による発電設備で作られた電気を一定価格で買い取ることを電力会社に義務づける制度で、買い取り価格は通常、市場価格を上回る。また他の方法で作り出された電力より優先され、風力や太陽光で発電された電気は真っ先に買い取らなければならない。

 電力会社にこうした電気を買い取らせる──消費者には自腹を切らせる──ことによって、ドイツは総容量に対する再生可能エネルギーの比率を25%まで引き上げた。ドイツはこの割合を2020年までに35%、50年までには80%にしたい意向だ。ドイツほど野心的な国は欧州には他にない。しかし、欧州連合(EU)が大陸全体で目標とする再生可能エネルギーの割合もまた、20年までに20%にすることだ。

 これらの風力・太陽光発電への助成金はこの4年間で欧州のエネルギーコストを消費者に対しては17%、電力産業には21%それぞれ上昇させた。しかし、これよりもっと脅威なのは、こういった指令が電力企業にもたらしている大混乱だ。特に石炭による火力発電や原子力発電といった旧式の発電所は伝統的に「ベースロード(基底負荷)」と呼ばれる電力を供給してきた。冷蔵庫や信号機など、現代の経済活動に年中必要な電力のことだ。これは消費者がまず使う電気だった。欧州が再生可能エネルギーに熱狂するまでは。

 問題は、ある特定の瞬間に再生可能エネルギーがどれだけ生産可能なのか誰にもわからないことだ。太陽電池パネルを屋根に搭載したガソリン車を持っていると想像してほしい。必要なときに太陽エネルギーを使えるのではなく、それが供給可能なときにはいつでもエンジン出力に追加できるようになっている。

 つまり、高速道路を時速60マイル(約97キロ)で走行している際に太陽が顔を出すと、アクセルから足を離さない限り、突然、車が80マイルで走りだすことになる。では、こういったエネルギーで経済全体の運営を試みていると想像してほしい。ただし、天候が変わる度にエンジンのスロットルを調整するのに何時間も何日もかかることを除いてだが。

 電力会社は、かつては予測可能だった電力需要が、天候と全く同様に予測不可能な需要に取って代わられたことを経験してきた。天候が悪ければ、照明を維持するために発電量を増やす必要がある。しかし、再生可能エネルギーの優先順位が高いため、先を越される可能性に留意しなければならない。電力会社は依然として、高い固定費と資本ニーズを抱えている。だが、再生可能エネルギーの特権的な立場のせいで、電力需要は風とともに増えたり減ったりするのだ。

 英エコノミスト誌によると、これらすべてが成長の足かせとなっており、この5年間で欧州の電力会社の時価総額を55%縮小させた。方針の変更を先週発表した電力会社のトップは、国が後見人になっているため、事業を続けることに満足しているかもしれない。風力や太陽光発電が不足したときに、その不足を補うために──納税者の負担で──待機するという立場だ。

 しかし、これでは消費者と納税者は割に合わない。FITと再生可能エネルギーの強制的な買い取りを止めれば、エネルギー価格は下がり、欧州の産業が立ち直る一助にさえなるかもしれない。それが国家財政に1セントの負担もかけない成長志向の改革になろう。

---------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2013-10-30 08:26 | 新しい文明の構想

私の「つぶやき:TW」、反応の大きかったもの

私の「つぶやき:TW」から、2013年10月を順不同、「つながり」反響の多いものです、赤数字は最近の追加、逆順です。

4)モンサントによる遺伝子組換え種、暴走する人間による自然改造、傲慢な科学技術の行く末に何があるのか、バイオテクノロジーと遺伝子工学の脅威、この21世紀の危機、アメリカが固執するTPPは何を意味するか、お人好し日本人はもっと警戒しないと。

3)新国立競技場、まさに時代錯誤、土建大国の暴走、オリンピック便乗の典型、慎ましいオリンピックは出来ないのか、もう成長の限界の時代、一極集中の極、東京文明はもう限界、関東大震災に備える最小限の常識はないのか、

2)アメリカ名門:MITではこんな研究、日本はハイテク、イノベーションと騒ぐが、Places in the Making: MIT Report Highlights the ‘Virtuous Cycle of Placemaking’ http://www.resilience.org/stories/2013-10-24/places-in-the-making-mit-report-highlights-the-virtuous-cycle-of-placemaking

1)地域共存、アイルランドの例、未来の日本の参考に、“Our well-being will depend more and more on what we share with others and create together”. http://www.resilience.org/stories/2013-10-24/the-rise-of-the-sharing-economy-in-my-community

--------------------------------------------------------------------------------------------------
1)文明とは人の口に「食べ物を運ぶ仕組」、それが今は金儲けの手段。日本の農政とは「農業でお金を稼ぎなさい、そのお金で食べ物を買いなさい」となって久しい。その愚かさは更に増進する、それをグローバリゼーションと間違った美名で呼ぶ、その中心にアメリカの世界制覇、つまり植民地化がTPPでは。

2)遺伝子組換え農業を防ぎきれない、企業、政府が結託する、それは大豆輸出などで政府の収入が増える、国民の健康問題より税収、マネーの方が大事。日本の原発推進と同類では、いずこも同じその国民無視の構造。リーダの倫理観の衰退、ノブレス・オブリージェの欠落です。

3)モンサント、ラウンドアップと聞いて何を連想しますか、それはアメリカの巨大バイオ化学の遺伝子組換えGM農業推進の大企業、そして除草剤、日本でもう使われている、を撒いても枯れない遺伝子組換え農業のセット。今南米でガン、白血病、奇形多発などの社会問題、TPPとの関連でも懸念される。

4)遺伝子組換え作物を拒否している団体であるNatural Societyは、モンサント社の遺伝子組換え作物やラウンドアップなどが人間の健康と環境の両方を脅かすとし、モンサント社を2011年最悪の企業に認定している、というが暢気な日本。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)

5)「本当は逆断層なのに正断層にされていた。普通のレベルの科学者なら間違わない初歩的ミス」 岡田篤正京大名誉教授、柏崎刈羽原発沖合の音波探査データを精査し、誤りを見破った。河北新報ニュース 潜む活断層、事業者依存/安全審査に落とし穴 http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1098/20131021_01.htm

7)政府がたった一月で米国債を5.2兆も購入とか、 消費税増税分が一瞬でアメリカに渡る。 そんな大事をニュースで言わないマスコミ。 税金の使われ方を調べようともしない多くの国民。 末期症状かとFBの友が http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/34ea53930a49ec58777b466d151f965a

8)エネルギー・オンチの専門家に教えたい、エネルギーは質が全て、それをEPRで評価する、ネット、つまり正味エネルギーが大事それが文明を支える。あくまでも量ではない、エネルギーを得るのにエネルギーを消費するから。石油文明とはEPR=エネルギー収支比が10はないと維持できない、ご存じ?

9)エネルギー幻想が余にも酷い、メタンハイドレートは中学生でも知っているが、エネルギー収支比、EPR=Energy Profit Ratioのことは知らない。つまり資源は「質」が全て、という原理原則には全く無知、リーダ、指導層も。だから経済成長至上主義だけとなる、酷い資源オンチ日本。

10)何故日本の科学技術研究は世界に尊敬されず参考されないのか。それは極めて原理原則的に単純だが本質的。趣味のような部分、政府予算に通りやすい細分化しかやらない、やれない、その単純集積が国民の幸福、真に社会に役立つ筈がない、つまり優れた総合的視点を欠く、欧米の模倣が習性となった結果だ。

11)ミュンヘン再保険会社によれば、東京・横浜の災害リスク指数は、他国に比して格段に大とか、出典、 http://www.fdma.go.jp/html/new/pdf/1512_tiiki_2.pdf

12)地元のFM横浜で、未来は燃料電池車と解説、曰く、水素しか使わなから出るのは水だけ環境に優しい。何も分っていないこのメディア。水素資源など地球にない、何か一次エネルギーから作る、その変換損失も大きい。水素は最小の分子だから金属さえ漏れ、脆性破壊も。わかったつもりのメーカ受売りだ。

13)貿易赤字5兆円に迫る 上半期、過去最大だった、これはエネルギー価格高、円安のダブルパンチでしょう、本来国の力は円高で反映され、それが本来の姿だ、そして日銀の仕事とは自国通貨の安定の筈では。インフレで得するのは輸出企業だけと思うが、 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013102101001381.html

14)こんな話が、ご専門の方、どうぞご意見を。健康障害情報 1.子どもの甲状腺癌が、国際標準の250倍 2.取手市の 子どもの心臓異常が飛躍的に増加。 3. 東京都の子どもたちの白血球の異常とか http://momsrevo.blogspot.jp/2013/09/no6.html

15)エントロピーの法則を理解しないエネルギー専門家にご注意を、そのような人は資源の意味を知らない、メディアではNHKが典型だが、その他にも似非エネルギー専門家が、メタンハイドレートが近海に膨大、日本は海洋資源大国、海水ウランなどと無知を露呈するが、評価がエントロピーつまりEPRです。

16)原発推進と地球温暖化脅威論は同根、おかしな共存共栄だった、そして3.11で原発ムラは信頼喪失したが、温暖化の自然科学喪失は今も続く、そこで再掲 http://oilpeak.exblog.jp/18328015

17)決めて欲しくないこともある、 同感です >風知草:決める政治。だが何を?=山田孝男 http://mainichi.jp/opinion/news/20131021ddm003070141000c.html

18)依然として安倍さん、自民党は臨時国会で経済成長の大合唱、他党も追従傾向、その方が格好良く未来型に見えるからだが、それは無いものねだり、地球は有限、石油減耗、量は一見減ってないが、正味・ネットは減退、シェールオイル、オイルサンドなど非在来型はエネルギーコスト高、EPRが低いから。

19)在来型油田とシェールオイルの違いも分らない「資源オンチ」の日本、先ずお勉強を、いま理科では教えない、 >(第1章) 現代文明の生き血、石油の基礎知識      (要約)現代石油文明の次はどんな文明か - もったいない学会・シフトム http://www.shiftm.jp/show_blog_item/232

21)繰返す、「地球は有限、資源は質が全て」、閉鎖系で無限の経済成長など出来ない、いくらお金をばらまいても駄目、お金は食えない、何も創れないのです、ただ格差が広がるだけ、いずれ大変な事になる日本、アメリカはそして世界は。

22)依然として安倍さん、自民党は臨時国会で経済成長の大合唱、他党も追従傾向、その方が格好良く未来型に見えるからだが、それは無いものねだり、地球は有限、石油減耗、量は一見減ってないが、正味・ネットは減退、シェールオイル、オイルサンドなど非在来型はエネルギーコスト高、EPRが低いから。

23)ネット情報は色々、真贋を見極める力量が問われる、人の理念、思想の深さによる。 下級武士が必死に戦略構想した日露戦争、リーダがしたたかだった、その後調子狂いと司馬遼太郎。 苦労してない世襲政治家、受験偏差値秀才の官僚、大学教授など、小利口者には大局が見ない、皆さんご用心。

24)メタンから流体燃料とGTL、シェールオイルもある、原発電力から水素を作る、地球は広い深海、北極圏も開発できる、メタンハイドレートも日本近海に膨大と幻想の楽観の人々、メディアも、どれも間違い、そのエネルギーをどうするのEPRは、知らない? 困った日本だ、いずれ崩壊か成長至主義も。

25)奈良林北大教授によると原子力規制の理念と目的とは、先ず原子力基本法:原子力利用を推進し、人類社会の福祉と国民生活の水準向上とに寄与することが目的、そして原子力発電所の運転を前提としての規制であるという(日本工学アカデミー談話サロン「福島原発自己を検証する」13年9月6日の講演)。

26)為政者、身分上位者はそれに応じた「徳」、義務を持つ必要が、「ノブレス・オブリジェ」というが、それは下層の庶民には要求されない行動倫理、上に厳しく下に寛容な倫理規定、江戸時代の閉鎖性社会がまとまりを保ったのはこの意識、今はその逆、権力と金欲が一致する拝金主義は超格差社会を産んだ。(国立環境研究所元所長、大井玄著「環境世界と自己の系譜」を参照)

27)これからも成長産業は車というメディア、成長期待の指導層だが、それは完全な間違い、地球は有限もう成長の限界に、財政膨張、金融緩和、マネーばらまきも実質の経済成長はありえない、もう石油減耗の時代、頼りのシェールオイルはEPRが低く石油代替とならない、だから超格差、上位1%だけが潤う。

28)先ずは読んでください、資源オンチの日本の皆さん、安倍さん、永田町、霞ヶ関の「わかったつもり」の方々も、 http://www1.kamakuranet.ne.jp/oilpeak/

30)石油資源は確実に減耗している、その代替は無い、石油は流体だから車、飛行機、船で使える。わかるでしょう資源・技術系の東大、京大など有力大学教授、研究費が欲しいからと官僚に操られてないこと、この税の浪費は文明の敵、もっと基礎的お勉強を、 http://www1.kamakuranet.ne.jp/oilpeak/

31)特定秘密保護法案の問題の続き。既に官僚によって恣意的に防衛秘密とされている情報がこの法律により自動的に特定秘密になることも附則に書いてありました。なぜ、マスコミがこの法案に体を張って反対しないのか。新聞を軽減税率の対象にしてもらうまで、安倍政権には逆らえないということですね。

32)大島町:過去の教訓は生きず、58年「山津波」の悲劇(毎日新聞17日朝刊)と大見出し、また「天災は忘れた頃にやった来る」、有名な地球物理学者:寺田寅彦の警告が忘れられた、そして危ない一極集中の東京文明、関東大震災はいずれ必ず来るが、 http://www.shiftm.jp/show_blog_item/111

33)IPCCパチャウリ議長は温室効果ガスの排出量取引で稼いでいる、ドイツ銀行から10万ユーロ、トヨタから8万ドル、イェール大学から58万ドルとのこか。 http://blogs.yahoo.co.jp/gokuparo2003/2871439.html

34)オリンピックに向けて国立競技場を巨大化、新競技場建設その費用1300億円とか、グロテスクなそのプラン、愚かな箱物、際限なき土建大国、心の凄まじさ、更に借金を積重ねる日本、一体どうしたのか、関東大震災のリスクも考えない東京文明の指導層、もっと慎ましいオリンピックは出来ないか。

35)ご存じですか、温暖化で話題のIPCC議長:ラジェンドラ・パチャウリは インドの財閥タタ・グループのタタ・エネルギー研究所長、排出権取引所にも布石を打つその政治力など、人脈と金脈なあまり評判が良くない、 http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-112.html

36)金権政治が暴走するが、国民は奇妙な高揚感、オリンピックもそう。この「えじゃないか」節で昭和の暴走、そして敗戦、もっと遡れば日露戦争、やっと勝ったのに国民は高揚、この民族のDNAは70年周期に発現するとか、冷静にならねば地球は無限ではない、リアリズムこそ大事、再び滅びないため。

37)刷込まれた地球温暖化説、未だに二酸化炭素削減に原発は必要と言いたがる、最近、詳細な温暖化についての総合的な評価、長い論文が出ました、温暖化は止ったというもの、英文ですが温暖化懐疑論と決めつけないで、見出しの拾い読みでも参考になります、 http://www.thegwpf.org/content/uploads/2013/03/Whitehouse-GT_Standstill.pdf

38)先週まとまった経団連のエネルギー政策提言の素案にこう書いてある。 原子力を引き続きベース電源として活用していくとの基本的な考えを政府のエネルギー基本計画に明記すべきである」  原発ゼロ論議など歯牙にもかけぬ断定だ、そうです。

39)政府がたった一月で米国債を5.2兆も購入とか、 消費税増税分が一瞬でアメリカに渡る。 そんな大事をニュースで言わないマスコミ。 税金の使われ方を調べようともしない多くの国民。 末期症状かとFBの友が http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/34ea53930a49ec58777b466d151f965a

40)エントロピーを理解すると、エネルギー、環境、経済から文明まで、全てが見通せます。宇宙の誕生に始まり、自然現象において、エントロピーは常に増大します。人間社会もそうです。一方、生命現象とは、エントロピーを低く保つことなのです、生命現象はエントロピーで原理的に定義つけられるのです。

41)汚染水より深刻 使用済み核燃料の取り出し - もったいない学会・シフトム http://www.shiftm.jp/show_blog_item/242

42)IPCCの報告を本当に信じていいのだろうか? PachauriGateIII(英紙テレグラフ) IPCCのパチャウリ議長が温室効果ガスの排出量取引などで儲けている銀行の顧問を務め、その報酬がパチャウリ氏が理事長を務める団体に振り込まれていると英紙テレグラフは報じている。

44)急激に減退するシェール・オイル井、環境破壊も凄まじい、ご存じか日本の皆さん、 U.S. Shale-Oil Boom May Not Last as Fracking Wells Lack Staying Power http://www.businessweek.com/articles/2013-10-10/u-dot-s-dot-shale-oil-boom-may-not-last-as-fracking-wells-lack-staying-power

45)高レベル放射性廃棄物の処分に関する日本学術会議の回答、基本的に地球科学的知見を欠く、原発継続を前提として国民の理解をどう得るか論じている。10万年の「地球の時間」の視点が欠落、大陸でない日本にそのような安定地塊がない、地質的に若い激動する地殻変動列島。これでは御用学者の回答です。

46)1972年、「成長の限界」という概念そして本が出されたが、限界を嫌うエコノミストが集中砲火で葬った、がその予想は現在殆ど当っている、と言われます、有限だったのです地球は、石油ピークが来ていた、石油文明の終焉です。

47)「地球は有限、資源は質が全て」がわからない日本。エコノミストは無限の経済成長が可能と、エンジニアは技術で質が創造できると思うのである、この幻想から脱皮できない日本のエリート、指導層、知識人が余にも多いが、これが日本が迷走する真因である。

48)TV、新聞、ネットにまで蔓延する、うるさい宣伝、絶叫するCM、それにお金で狩出されるタレント、有名人、国技のトップ 白鵬までがにやけた顔で薄気味悪い。要らないモノは要らないのです、膨張主義はもう止めよう、それには未来はないのです。

49)依然、水素が資源と思う人が後を絶たない、資源オンチ日本、上から下まで、大学教授、官僚、政治家まで。そして税金を使ってエネルギー開発と。仕方がないから又言うが、水素を何から作るの、エネルギーが必ず要るのです、エントロピーの法則を勉強すること大学教授、小中高の理科の先生の皆さん。

50)遺伝子組換え農業(GMO)の怖ろしい実態、アメリカのモンサント社 その人体の毒性、自然破壊、蜂の大量死なども、  http://www.youtube.com/watch?v=rdHbm3udIP0

51)著名な自然生態学者A.ロトカは「エネルギー潤沢時に栄える生物種はエネルギー浪費型、エネルギー欠乏時に生存するのはエネルギー最小消費型のみ」と、教訓的だ、アメリカは前者、膨張主義アベノミックスもそうだ、この開放系思想は絶滅危惧種、あの江戸文明は賢い閉鎖系だった、

52)理念喪失:腐敗する日本の権力構造、険しいその未来、権力は腐敗するは昔からの言、何故腐敗するか、ローマ帝国の衰退は、貴族に金儲けを許してから、江戸時代は士農工商だった、その閉鎖系の叡智をむしろ西欧人高くが評価するが。 http://oilpeak.exblog.jp/20886931/

53)NZ・オークランド大学の法学校が主催したセミナーをジェーン・ケルシーが編集した、「異常な契約 TPPの仮面を剥ぐ」、農文協、2011年6月刊に、社会全体に,大きく影響する生き方そのものも変えてしまうTPP交渉に、ほとんど議論することなしに従わされてしまう、とFB友人が、大変です。

54)「地球は有限、資源は質が全て」がわからない日本。エコノミストは無限の経済成長が可能と、エンジニアは技術で質が創造できると思うのである、この幻想から脱皮できない日本のエリート、指導層、知識人が余にも多いが、これが日本が迷走する真因である。

55)IPCCの報告を本当に信じていいのだろうか? PachauriGateIII(英紙テレグラフ) IPCCのパチャウリ議長が温室効果ガスの排出量取引などで儲けている銀行の顧問を務め、その報酬がパチャウリ氏が理事長を務める団体に振り込まれていると英紙テレグラフは報じている。

56)地球温暖化がコンピュータ・モデルでの「実験」の通りに進まない、今ではむしろ寒冷化傾向、そこで困っているのは温暖化ムラと原子力ムラ、何故?それはそれぞれ表裏の関係にあるから、原発は温暖化対策の切札、互いの共通利益と考えるからだがそれは間違い、脱浪費の低エネルギー社会こそが本命です。

57)水素は二次エネルギーなので、石油ではなく電気と比較すべき」とコメントすると、卒論発表の学生は目を白黒。RT @postoil:水素が資源と思う人が後を絶たない、資源オンチ日本、上から下まで、大学教授、官僚、政治家まで。・・水素を何から作るの、エネルギーが必ず要るのです・・

58)報道されないシェールオイル・ガス開発の激甚な環境破壊、それは化学物質を含む大量の水圧入による地下水汚染、大気中にへのメタンガス漏れ、群発地震の発生も大問題、そして飲料水の奪い合い、急速な生産減退を補う次々と掘られる掘削井、その低いEPR=エネルギー収支比が経済不況の真因のようだ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2013-10-22 09:57 | もったいない学会