<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

理念喪失:腐敗する日本の権力構造、険しいその未来

権力は腐敗する、昔からの言だが
何故腐敗するか、権力と金欲が一致してから、ローマ帝国の衰退は、貴族に金儲けを許してから、歴史の教訓、江戸時代は士農工商だった、優れた閉鎖系の叡智だったとむしろ西欧人高くが評価している、日本は文明開化で浮れ、西欧の開放系の真似、植民思想をまねた、そして韓国中国と、ついには世界を敵に回して敗戦。

アベノミックスのマネー至上の資本主義
膨張開放系、経済成長至上主義、これは有限地球で永続しない、マネー至上のバラマキは格差社会を産んでいる。これは世界の傾向、格差社会下位の若者は不幸、不満それが世界で不安定要素となっている、特に雇用喪失は心を蝕む。そこで繰返すが、地球は有限、資源は質が全てです。その判断はエントロピーの法則の理解にあります。幻想の日本海洋資源大国など見果てぬ夢をばらまいて、開放系での膨張主義を正当化してはならない。夢はいずれ覚める。

著名な自然生態学者、A.ロカの名言
「エネルギー潤沢時に栄える生物種はエネルギー浪費型、エネルギー欠乏時に生存するのはエネルギー最小消費型のみ」と言っている。教訓的、アメリカは前者、膨張主義アベノミックスも、つまり開放系思想の絶滅種、江戸文明は賢い閉鎖系だったが今は西欧模倣の絶滅種、開放系の思想に染まって久しい。西欧は植民地思想で凌いだ、それがフロンティア思想だった、それももう終る、類い希なエネルギー源、石油の時代、文明は終りつつある、その代替はない。

原子力は人類の手に負えない代物だった
永遠のエネルギー源と思った原子力エネルギーが実は厄介、危険極わまりない代物だった。総合的なインフラと廃炉から廃棄物まで考えれば、エネルギーの生産すらしないようだ、技術立国を自負する日本が史上最悪の原発事故を起した、今後は原発の意味を世界に訴えるのが、汚染を今も垂流す国の責務だ。
b0085879_8505983.jpg

In light of Wednesday's news that Japan's nuclear watchdog recommended elevating the situation at the Fukushima nuclear campus to a level-three “serious threat,” a new wave of criticism has poured in, with some experts suggesting the situation at the crippled nuclear reactor is much worst than Japan or the plant's operator, Tokyo Electric Power Co. (Tepco) is willing to admit. (Photo : Reuters via Kyodo )2013/8

原発はエネルギーを生産しているのか
こんな問いを聞けば、多くの人は何だろうと思われるでしょう。繰返しNETしているので、ご記憶の方もおられよう。ウラン資源から発電、そして最終の廃棄物処理まで、その社会インフラまでお考えいただきたい、先入観なしに。お分りになります、問いの意味が。

原発は人類の知恵だったのか
事故処理も終わっていない福島第1原発の廃炉作業について「ここに比べて作業員が動ける範囲が限定される、想像できないほど困難な作業になるのは間違いない」と >英国:原発「解体先進国」 稼働26年、廃炉に90年

「矢内原忠雄、日々のかて」より
日本社会について耐え難いもの、持って生れた黒髪を赤く染め、あるいは脱色して金髪まがいにする女性の風習です。日本人には日本人として与えられた美があります。それを捨てて、西欧人の模造をもって美であると考えるほどに、日本の婦人は精神の倒錯を来したのです。
日本社会は自由、自由、自由、日本は世界一、何でも自由な国です。神を畏れることなくして人間が自由になった国、それが今の日本です。このような社会を、サタンは最も好んで来て住むのです。

有限地球観に立つ新しい史観が求められる
かっての強い日本、成長期でも無い、閉鎖系の「もったいないの江戸社会」を参考にするが、もう人口は一億人を超す。当然、江戸そのままはなく自然系に生きる新しい叡智、知恵が必要、賀川豊彦の立体農業で一億4千万生きれる、を参考に、じっくり考えたい。

幻想と期待、リアリズム喪失で理念無しにあるく日本
それは政権か、国民か、或は疑似指導層かも分らない。何故そうなるか理由は単純、自然系の一部でしかない人類、その部分集団日本が自然を忘れマネー、技術至上主義に翻弄され朦朧と歩むかから、人間は自然閉鎖系の一部と再認識するのです。

「資源とは何か」、日本で最も理解されないこと
ミツバチ達は、沢山の花から花へと蜜を集めます。無数の蜂がそれぞれ巣に持ち帰ります。巣に集まった蜜は濃縮されています。人間が使えます。元の分散した花の蜜も、集められた巣の蜜も「量」は同じです。 自然の恵み、資源とは「濃縮が本質」なのです。
ミツバチが、分散した花の高エントロピー状態の蜜を、巣に集め低エントロピー状態にしたのです。ミツバチはその仕事のためエネルギーを使いますが、その元は太陽エネルギーです。 エントロピーを理解すると、エネルギー、環境、経済から文明まで、全てが見通せます。宇宙の誕生に始まり、自然現象において、エントロピーは常に増大します。人間社会もそうです。一方、生命現象とは、エントロピーを低く保つことです

生命が、人間、動物、植物などが有限の寿命なのどうしてか
永遠の謎ですが、物理学では明確に定義しています、「エントロピーを低く保つのが生命現象、それはいつか限界まで増大する、それが「死」であると。
「生命とは何か」原題:What is life?)は、1944年に物理学者エルヴィン・シュレーディンガーによって刊行された著作、副題は『物理的に見た生細胞』とされている。
序でながら、人間社会もエントロピーで説明出来る、と私は思っています。

東京文明の行方
1923年9月1日11時58分、関東大震災が起った。それから90年だが「天災はまた繰り返される」のか。東京一極集中は世界に類がない、文明中枢が皇居半径3Km以内、高層化で脆弱性は増大している。これはもう「東京文明」と言ってもよい、ではどうするかだが、リスクは分散するしかない。地方分権、分散、地産地消である。
「天災はまた繰り返される」のでしょうかhttp://www.shiftm.jp/show_blog_item/111

国際公約になったフクシマ収束
だが、科学技術的に全く成算はない、ウソはいつまでも続かない、オオカミと少年の喩え。国民は監視しよう、結局ツケは国民に降りかかるのだから。

「ノブレス・オブリジェ」と武士道
為政者、身分上位者はそれに応じた「徳」、義務を持つ必要が、「ノブレス・オブリジェ」というが、それは下層の庶民には要求されない行動倫理、上に厳しく下に寛容な倫理規定、江戸時代の閉鎖性社会がまとまりを保ったのはこの意識、それが武士道と思うが、今はその逆なのでは、権力と金欲が一致する利権構造の拝金主義は結果として超格差社会を産んでいる。かってローマ帝国で、貴族に金儲けを許してから社会が劣化、崩壊、そして衰退に向ったという、江戸時代の士農工商は、ノブレス・オブリジェだった。それが開放系のヨーロッパ列強の植民主義を防ぐ鎖国循環系だった、この自然共存の人の絆を重んじる社会は江戸の知恵と、むしろ欧米は評価している。

-------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2013-08-23 11:22 | これからの日本

世界のエネルギー問題、その本質

エネルギー問題の本質
世界のエネルギー消費の図からから分ること、それは、
1)あまりにも急激に伸びている、2)原子力はマイナー、6%くらい、3)依然として化石燃料が頼り、ということである。
b0085879_21124476.jpg

http://ourfiniteworld.com/2013/07/22/energy-and-the-economy-basic-principles-and-feedback-loops-2/


これからの結論、現代文明は持続不能
、危険な原発依存は止められる、再生エネルギーでは現代の「浪費型」は支えられない、そこで日本は日本列島で、自然と共存する道を本気で考えるしかない、となる。 
それは徹底した「低エネルギー社会」の構想である。
http://www1.kamakuranet.ne.jp/oilpeak/opinions/planb.htm をご参考。
-----------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2013-08-06 21:17 | これからの日本

日本の科学技術をどう活性するか

人間の素晴しさ思い起そう。
産業総合研究所(産総研)の元15研究所の一つ、計量研究所で、こんな話を聞いたことがある。 1Kg原器の「真球」は名人芸の手触り感触で作る、と当時の所長が話してくれた。 人間の感覚の素晴しさである、それが出来る所員は、日本に2人しかいないとも。
そして現在、一見華やかな日本の科学技術である、増大する研究予算、そして施設、組織だが、その中味、実態は淋しい。先ず「科学とは」が理解されていない、真摯に自然に学ぼう、という姿勢を欠く、「コンピュータ・モデルで実験する」という言葉すら聞かれる。今は産業総合研究所(産総研)と、15研究所が一緒くたにされ、この計量研究所も、地質調査所も無くなった、総じて個性を失い改革は失敗だったのでは。

大学も同根である、例えば東京大学大学院教授など肩書でいうが、専門分野は言わない。日本学術会議でも実質的に専門分野を無くした。これら「改革」は一見良さそうだが、根無し草の個性喪失、逆に専門分野の超細分化、理念喪失、プロジェクト研究では税金は浪費される。

総論喪失の為か、東大、京大など国際評価、ランキンでは降下傾向にある。留学生も来ない、そこでヨーロッパのガウン、角帽を模倣する、英語の講義を増やしたりするが、旨くいかない 。この知性劣化は大学だけでない、日本全体に浸透するようだ。 
そこで、これからどうする。 先ず理念、思想の重視であろう、自分で考えることであろう。 分ったつもりは無知に劣るからである。
b0085879_8362012.jpg

http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html
---------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2013-08-02 08:29 | これからの日本