<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

世界経済恐慌は来るか:「虚から実への回帰」、石油ピーク論の元祖、K.Hubbertの警告

アメリカのマネー工学の世界、労せずして儲ける「虚業の構造」が崩壊しつつある。75兆円という救済策をアメリカ下院は否決、株は777ドルの暴落となった。ヨーロッパでも大変である。
世界恐慌が目前に迫ったのでは、と危惧される昨今、これを「虚から実への回帰」ととらえ、日本は適切な回避策をとる必要があろう。そのためにまず、問題の本質を理解すべきでは。

1970年のアメリカ48州の「石油ピーク」を、1956年に予想した、「石油ピーク論の元祖」、M.King.Hubbert(1903~1989)、当時シェル石油のヒューストン研究所の地球物理学者は、1929年の世界恐慌時代から学んだとして、当時から「実の世界」の大切さ「虚の世界」の危うさについて論じていた。石油ピークはその論旨の一貫であった。そして下記は1989年、86才で没する前年のこと、日本のリーダに是非読んでいただきたい。

Hubbertは、優れた思想家でもあった。「マネー」は無限膨張できるが、反して地球は有限、その資源には限りがある、いずれ減耗すると現代文明のその矛盾、社会問題を、生涯を通して繰り返し警した。晩年、視覚と聴覚の障害に悩まされたが、その論は鋭く本質を突くものだった。

この世界で最も有名な地球物理学者Hubbertはハバートピーク(石油ピークのこと)、曲線の名で知られる。彼は1929年の世界恐慌がマネーシステムの混乱であるに対して、石油ピーク問題は、地球資源ベースの減耗、質の低下にある、より根源的な文明問題であると、生涯を通して訴え続けたのである。この視点が、今の恐慌前夜とも見られる世界経済を理解するのに欠かせない
------------------------------------------------------------------
"Two Intellectual Systems: Matter-energy and the Monetary Culture"  by M.K. Hubbert
---------------------------------------------------------------------
During a 4-hour interview with Stephen B Andrews, SbAndrews at worldnet.att.net, on March 8, 1988, Dr. Hubbert handed over a copy of the following, which was the subject of a seminar he taught, or participated in, at MIT Energy Laboratory on Sept 30, 1981.
----------------------------------------------------------------------
"The world's present industrial civilization is handicapped by the coexistence of two universal, overlapping, and incompatible intellectual systems: the accumulated knowledge of the last four centuries of the properties and interrelationships of matter and energy; and the associated monetary culture which has evloved from folkways of prehistoric origin.

"The first of these two systems has been responsible for the spectacular rise, principally during the last two centuries, of the present industrial system and is essential for its continuance. The second, an inheritance from the prescientific past, operates by rules of its own having little in common with those of the matter-energy system. Nevertheless, the monetary system, by means of a loose coupling, exercises a general control over the matter-energy system upon which it is super[im]posed. "Despite their inherent incompatibilities, these two systems during the last two centuries have had one fundamental characteristic in common, namely, exponential growth, which has made a reasonably stable coexistence possible. But, for various reasons, it is impossible for the matter-energy system to sustain exponential growth for more than a few tens of doublings, and this phase is by now almost over. The monetary system has no such constraints, and, according to one of its most fundamental rules, it must continue to grow by compound interest. This disparity between a monetary system which continues to grow exponentially and a physical system which is unable to do so leads to an increase with time in the ratio of money to the output of the physical system. This manifests itself as price inflation. A monetary alternative corresponding to a zero physical growth rate would be a zero interest rate. The result in either case would be large-scale financial instability."

"With such relationships in mind, a review will be made of the evolution of the world's matter-energy system culminating in the present industrial society. Questions will then be considered regarding the future:

1)What are the constraints and possibilities imposed by the matter-energy system? human society sustained at near optimum conditions?
2)Will it be possible to so reform the monetary system that it can serve as a control system to achieve these results?
3)If not, can an accounting and control system of a non-monetary nature be devised that would be approptirate for the management of an advanced industrial system?

"It appears that the stage is now set for a critical examination of this problem, and that out of such inquries, if a catastrophic solution can be avoided, there can hardly fail to emerge what the historian of science, Thomas S. Kuhn, has called a major scientific and intellectual revolution."
------------------------------------------------------------------------------------
おわかりであろうか、1929年と今では資源制約など、文明の条件が全く違うことが。 写真は1929年10月24日、経済大恐慌当時のアメリカ、ウオールストリート街
b0085879_2329308.jpg

                  
[PR]
by tikyuu_2006 | 2012-06-30 11:56 | 新しい文明の構想

行き過ぎる「温暖化脅威論」:IPCCを絶対視してはならない、自然は永遠の謎だから

地球温暖化について、IPCCは過去100年間しか見ていない。一方何千年、何万年の地球の自然現象、変動からみると、今問題の温暖化傾向は過去の地球の「小氷河期からの回復過程」である、つまり基本的に自然現象であるとの考えがある、例えばアラスカ大学の赤祖父俊一名誉教授などだが、その自然科学的見解は貴重である。世の中にはこのような、少数だが本物の「科学者」がおられる。
温暖化論議について化石燃料使用量の増大、主に戦後1946年ころから、と長期的な気候変動は調和的ではなく、別の挙動をしている。
b0085879_10425054.jpg
そして氷河の後退については、下図のヒマラヤの氷河のように1800年以前からすでに後退していた、となる。
b0085879_1047917.jpg

このような理由から、温暖化の主な理由は自然現象、地球の小氷期(Little Ice Age)から回復過程である、という科学的な視点が出てくる。
b0085879_1142792.jpg

人工的な二酸化炭素排出の影響は過去100年のほぼ0.6度の6分の一程度という見解となる。基本的に地球の自然現象としての気候変動を理解しなければ、合理的な21世紀の生きる道を探せない。真に怖れるべきは石油ピークのもたらすリスクであり、それについての原理的な対策は先ず「脱浪費」であり、それが最も合理的な温暖化対策となる。

石油の代わりは無いと思う、現代の工業社会、浪費文明は持続出来ない、と悟ることが最優先、そして当たり前だが、IPCCは学会ではない、絶対視してはならない。 言うまでも無いが、ノーベル平和賞は自然科学の賞でもないのである。

そしてさらに追加する。北極白熊が絶滅すると言う危機についても、次のようなデータがある北極熊は減っていないのである。
b0085879_3302835.jpg
いつまでも、情緒的なキャンペーンを繰り返してよいのだろうか?ここでも「科学」が欠落している。  日本では知られていないが、IPCCレポートは、ウイーン郊外のIIASAによる「エネルギーモデル」に基づいている。だが、このIIASAモデルは下記のように、理念、科学合理性を欠いている。いわばバラバラなのである。
b0085879_1071626.jpg

IPCCの気温、海水面の上昇予測が大きく異なるのは、第一に、この「エネルギーモデルのいいかげんさ」にある。IPCCが無視する石油ピーク論(oil peak)から予想される石油減耗(oil depletion)は、この範囲を下回るのである。
b0085879_1032087.jpg

ASPOによる、CNNにより世界に報道された。

そして第二に、自然をシミュレーションモデルで予測することの、原理的な難しさにある。それは自然は人間にとって永遠の謎だから。

---------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2012-06-30 11:09 | エネルギー、環境

崩壊過程の現代文明: 「日本のプランB」

東京一極集中の諸相とその脆弱性 (Wikipediaなど)、
 地震などの自然災害、テロや戦争などの大規模な争乱が発生すると、日本の首都機能が破壊される危険。ニューヨークやロンドンなどと比較すると、東京は地震の危険に常時さらされており、ミュンヘン再保険会社によれば、ハザード×エクスポーズド・バリュー×バルネラビリティー(Vulnerability)の災害リスク指数は東京・横浜において格段に大きい。国家機能の潰滅がありうる。
b0085879_952625.jpg

 しかも東京圏以外の各地の衰退、つまり人・モノ・資金・情報・サービス・機能・娯楽が集中、東京圏以外は経済的に衰え、地域の停滞が深刻化する。

 アメリカでは都市ごとに機能分担、首都ワシントンD.C.を始めとして各州の政府所在地は必ずしも州内最大都市とは限らない。政治がワシントンD.C.、経済がニューヨークだ、ニューヨーク州の州政府はニューヨークではなくオールバニにある。このような「政経分離策」により同時多発テロ事件が発生した際、国家機能の潰滅という最悪の事態を回避できた。

 ドイツは再統一に伴い、連邦政府首都をボンからベルリンにされたが、すべての首都機能をベルリンに集約せず連邦政府の各省庁について母体の配置をベルリンとボンに振り分け、その上で各省庁の内部部局を性格によってベルリン、ボンヘと分ける「混合モデル」を採用。

東京一極集中 - Wikipedia
日本において、政治・経済・文化・人口など、社会における資本・資源・活動が首都圏(特に東京都)に集中している状況を言う。

------------------------------------------------------------------------------
崩壊過程の現代文明 ハードランディングを回避する「日本のプランB」
「地球は有限、資源は質が全て」、「石油ピークは食料ピーク、そして文明ピーク」
石井吉徳 2012-6

1)脱石油、脱原発の社会、自然エネルギーもEPRで評価、リアリズム重視
2)有限地球観、自然共存の地方分散、世界6位の海岸線、山岳75%、立体農業
3)脱欧入亜、脱グローバリズム、GDPからGPI,マネー資本主義の終焉
4)低エネルギー社会、少子化ほど有利、年長者も働ける社会の構築
5)石油ピークは流体燃料危機、脱車社会、鉄路、公共運輸の重視、自転車の利用
6)先ず減量、Reduce(減量)Reuse(再利用)Recycle(リサイクル)、最初のR
7)効率優先の見直し、集中から地域分散、自然と共存、地産地消で60倍の雇用も
8)GDP成長より心豊かに、もったいない、ほどほどに、人の絆を重ずる社会の構築

立体農業:300万haの耕地だが、山林500万ha、原野300万ha利用、1億4000万人が生存可(賀川豊彦による)
流体燃料危機:車、航空機、船舶など、運輸システム崩壊
Recycle (リサイクル):エネルギーが必要、都市鉱山
GPI: Genuine Progress Indicatior、真の進歩指標
温暖化対策は止める:地球は寒冷化している

下記の拙ホームページもご参考、
http://www1.kamakuranet.ne.jp/oilpeak/opinions/planb.htm
http://www.shiftm.jp/show_blog_item/131
------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2012-06-20 10:00 | これからの日本