「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

IPCCの温暖化危機論を自然科学から考える

2009年のコペンハーゲンCOP(締約国会議:Conference of Parties)15、結果論ですが日本のみが大きく国益を損ずることなく終り、ホッとしています。

関連して、3件の見解です。


1)本来、地球温暖化論はエネルギー問題そのものです。が、IPCCのみ話題とされIPCCコンピュータ・モデルが基とするIIASA(国際応用システム分析研究所)エネルギーモデルの科学合理性は話題にすらないようです。
私は以前より、IIASAエネルギーモデルそのものに問題がある、と繰返していますが、メディアは勿論のこと、大学、エネルギー専門家すら全く無関心、ただひたすらにIPCCからスタートするようです。不思議なことです。

これについては改めて、拙ホームページをご覧下さい。
http://www1.kamakuranet.ne.jp/oilpeak/oil_depletion/aspo_oil_peak.html

2)そして「低エネルギー社会ー日本の科学技術も改革が求められる」もご参照を。

3)次は、アラスカ大学, 国際北極圏研究センターの赤祖父俊一先生による「クライメートゲート事件とコペンハーゲン会議」です。

More:クライメートゲートとIPCC
[PR]
by tikyuu_2006 | 2009-12-24 10:28 | これからの日本