<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あるIPCC擁護論:日経新聞の温暖化科学論は、本当に科学的か?

日経新聞のコラム「中外時評」7月20日(日)、「反論まで周回遅れー温暖化巡る日本社会の不思議」は、IPCCの徹底した擁護論であった。だが本当にこれでよいのか? その長いコラムは、次のような激烈なIPCC擁護から始まる、論説委員塩谷喜雄とあった。

科学的には決着している地球の温暖化について、ここに来て「温暖化と二酸化炭素の排出は無関係」と言った異論・反論が一部の雑誌メディアを騒がせている。温暖化ガスの排出削減を決めた京都議定書についても、日本に不利な不平等条約だという観念的な恨み節が妙に声高になってきた。十年前に逆戻りしたような、このアンチ温暖化論の高まりは、いつまで続くのか。・・・・・・四半世紀の間、世界の科学者を集め、情報を積み重ねて気候モデルによる解析を続けてきた「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、昨年第四次報告書で人為的な温暖化の進行を「断言」した。これまで慎重に科学的な姿勢を貫き、断言を避けてきた組織が、ついに結論を世界に示してのだ。・・・・・IPCCはついに「断言」という伝家の宝刀を抜いた。 以下略

人間にとって自然は永遠の謎、コンピュータモデル化された気候モデルも、その時点で人間が理解した地球、自然でしかないのである。しかもそのモデルに入力するデータも人間が用意する。日本で絶対視されるIPCCの主張もこのような意味において、科学合理性で判断すべきであり、それに使うエネルギーモデルも正しく評価しておく必要がある。
あまり知られていないが、IPCCが使うエネルギーモデルは、IIASA、ヨーロッパに冷戦時代にできたInternational Institute for Applied Systems Analysisによる。 地球温暖化論議はこのIIASAモデルから始めるべきだが、妙なことに日本ではそれが話題にすらならない。

つまり日経新聞のコラム冒頭の断言論は科学妥当性を欠く。なぜなら温暖化問題は科学的に決着などしていないからである。科学は「真に科学的」に議論されるべきである。洞爺湖サミットで日本は「国損的」コミットをしなかった、その意味でまあ「成功だった」と言うべきか、10年をへて、日本は少し大人になったのであろう。

それでも納得されない方へ、温暖化より怖いことがある、それは、限りある地球での「食料とエネルギーの欠乏」である。そしてこの二つは表裏一体、別のことではない。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-07-27 00:11 | これからの日本

イランのミサイル発射とペルシャ湾:エネルギーの命綱、ホームズ海峡

イランのミサイル発射は日本にとっても重大事。ペルシャ湾のホームズ海峡の封鎖を警戒すべき。ここはとても狭い、日露戦争当時の旅順港閉鎖が思い浮かぶ。
人工衛星(NASA)から一望できるペルシャ湾、遠方が狭いホームズ海峡、その往復の航路の一本は、幅1kmという。中東のエネルギー輸送の要所、日本はこの狭い航路に全面依存するが、もう現実の石油ピークを無視するメディア、何も知らずに殆どが自然現象の地球温暖化が脅威と、本来流れるのが当たり前の氷河の崩壊など、非科学的なキャンペーンには懸命だが。
ようやくここに来て、日本にも冷静な温暖化科学論が現れるようになった、と思っていたら、7月29日激烈なIPCC擁護論が日経新聞に掲載されたのには驚いた。ようやく同紙も「資源は質が大切」がわかってきた、と安堵していたのに。
b0085879_11221556.jpg


かって私は、この湾をヘリで何回か飛んだことがある。浅い陽光に光るペルシャ湾、その水面下に縦横に走るパイプライン。 
写真下がイラクからのチグリス、ユーフラテス川の河口。左側がイランのザクロス山脈、地層の褶曲帯、つまり油田群、写真右が下からクエート、そしてサウジ、アブダビなど。そして絞り込まれたようなホームズ海峡。旅順封鎖は誰でも考えつく。

ここが中東の石油産出国5カ国、こんなに狭い、ご存じか? そして、ここに石油資源が集中する理由だが、それは2億年くらい前の大陸移動説から殆ど説明できる。だが、このようなことは日本の理科教育では教えない、先生も知らない、そして当然エネルギー専門家、評論家も。
暢気な日本のエリート。かって現地を知らずに作戦指揮し、日本を破滅させた大本営秀才参謀を彷彿とさせる。 今も変わらない日本、本当に大丈夫か。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-07-11 11:38 | これからの日本

やっと終わったG8サミット、後に何が残ったのか

606億円も使ったというG8サミット洞爺湖の「霧の中」で終わりました。
日本でもあまり評判が良くな いようですが、せめてもの救いは、日本は国際優等生ブリしない、出来なかった、 で外国に国益を損なうコミットをしなかった。 お金をばらまかないですんだ、さすが福田さん、かっての名官房長官、そつなく纏めた。 ほとんどが自然現象と知れた地球温暖化、国民に大きな付け、負担を残さないですんだ。 もう過去のブッシュ大統領、上機嫌ではしゃいで いた、楽しかったのでしょう。

ポストサミット、これからが「もったいない運動」の本番でしょう。最近、急速に車渋滞が減っています、背に腹は代えられないのでしょうが、いまこそ本当の科学、正論が必要です。食料の高騰は庶民の生活を直撃しています。真の理念が必要ですが、それにはメディアの協力、特に TVが大事です。 が、これが難物、至る所に固陋の「わかったつもりのリーダー、著名な有識者、家庭教師」が付いて離れない、「善意」の世論操作、誘導をするのです。 しかし迫り来る現実が、そのような惰性をもう許さない。庶民はそれほど愚かではないのです、歴史がそう教えます。

石油ピークは、現代文明の根本的な改革を求めています。すでにその萌芽は現れています。たとえば、バスが鉄道レールを走るなど。
b0085879_1328515.gif

b0085879_1328224.jpg

これはDMV(Dual Mode Vehicle)といいます。 すぐ役に立つ楽しいし技術、イノベーションでは。
b0085879_13384781.jpg

如何です、可愛いでしょう、北海道です。このような技術こそが、これから望まれます。 JR北海道とトヨタです。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-07-10 12:38 | これからの日本

せめて「ハンヨミ」 して欲しい、フジTVの新番組「サキヨミ」:韓国での講演と対比して

フジテレビの新番組「サキヨミ」が7月6日からスタート、インタビューを一時間つきあった当人として、見てがっかり。半分の「ハンヨミ」も出来ていなかった。

洞爺湖サミットの前日、温暖化が話題となるのは当然だが、正しい理解が出来ていない。無理もなりい、日本中がそうなのだから。すり込まれた温暖化の疑似科学、化石燃料への誤解、論理的な対策の無さ、など。 この番組だけを責めるわけにもいかない。

だが私にはいう資格がある。予め長時間のインタビューに付き合ったから。インタビュー依頼の主題は「石油ピーク」そのものであった。 従って「石油ピーク」が食料・エネルギー高騰の真因である、脱浪費、無駄をしない、そして「もったいない」で生きるべき、「石油ピークは農業ピーク、そして文明ピーク」であるから、などと述べた。 だが「サキヨミ」には、それらがなかった。スタッフへの一時間以上の特別講義にもかかわらず。
ただ一つ、私の「皆さん石油を食べているのです」は印象に残ったのか、詳しく解説していた。だが文明を支える石油が今ピークを迎えつつある、これが現代問題の原点だが、一言もなかった。インタビュー依頼がそれであったのに、誰かの常識、圧力に合わせた、あるいは次回放映?

ついでながら、世に信じられている環境、エネルギーについての常識の多くは非科学的、間違いだらけである。TVに繰り返される氷河の崩壊も自然現象なのである。氷河とはもともと流れるものだから。白熊さん可哀想も誤解が多いいま本当に可哀想なのは人間の子供達。食料もエネルギーも自給できない日本、「わかったつもり」の有識者、TVなどに踊らされるのか、地球からの収奪を今も止めない大人達。 

序でながら、ご参考までに、韓国のLG経済研究院、KBS主催、5月7日連休明けのソウル商工会議所での拙講演をご紹介する、ハングル語に翻訳する前の日本語版だが。 400人を超す方々が、真摯に聞いてくださった。 それが翌日のKBSによるインタビューにつながった、余談ではあるが。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-07-08 06:38 | これからの日本

温暖化問題と食料危機は同じルーツ「石油ピーク」: 理念は「低エネルギー」としないと対策がねじれる

温暖化も食料危機も、共に「石油ピーク」が原点にある。今の世界的な地球規模問題、温暖化、社会不安定、食料危機などは、すべて石油文明の黄昏現象、その真因が「石油ピーク」である。地球が有限であるから、とも言えよう。
朝日新聞はこの複雑に交錯する人類問題を、洞爺湖サミットに先がけて、7月2日の朝刊に大きく特集。 一面に「食と石油 サミット直面」、2面の「時々刻々」の「石油漬けの食卓ー見直し急務」には、私へのインタビュー記事も(浅野真記者)。本質がよく書かれている。
b0085879_9123842.jpg


「低エネルギー社会」の構築は「もったいない、脱浪費」であるべきであって、脱炭素とは限らない。 なぜなら、地球温暖化の主因は自然現象、小氷期からの回復過程と見られるからである。 科学が瀕死状態の日本、国益のぶつかり合う洞爺湖サミットで、何を訴えるのか。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-07-06 09:15 | これからの日本