<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

もったいない学会がNPOとして認証される

もったいない学会が東京都からNPOといして、今12月認証されました。

インターネットを徹底利用する、新しい学会モデルとして日本最初の組織です。従来の分野別、専門たて構造では脱石油文明の国民的な総合組織とならない、それを打破するのが狙いです。学会誌もインターネットで、事務所も、専属事務員も置かない全くのボランティア組織です。

年会費は1000円、誰でも入れます。インターネットでの学会理念の浸透はすでに100万人に達しました。
2007年は激動の時代の始まりでした。その原点に石油供給の限界がある、石油ピークです。

もったいない学会のモットーは「石油ピークは農業ピーク、そして文明ピーク」です。2008年は燃料の高騰、バイオ燃料狂騒、食料価格の高騰、心の崩壊などがさらに進むでしょう。

20世紀の安く豊かな石油が支えた世界の仕組みが崩壊しつつあるのです。アメリカのドル支配の終焉がさらに鮮明となるでしょう。グローバリゼーションは綻びて行くしかない、流体燃料である石油減耗が運輸システムを窮地に追い込むからです。石油ピークは運輸ピークでもある、だがその石油に代わるものはない、のです。

綻びる石油文明の仕組みの中で、日本がいかに強かに生き抜くかが問われている、そのコア理念が「地域分散、自然と共存、地産池消」である、と私は考えます。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2007-12-31 05:47 | もったいない学会

更なる激動の世界、そして翻弄の予感、2008年の日本

2007年は終わります。激動の中の悟らない戦略のない日本、2008年はどうなるのか。

燃料高騰に始まり、食料、生活物資が次々と値上がりした。投機資金の投入など様々と説明されるが、「石油ピーク」がその原点にあるとは報道されない。温暖化の危機は強調されるが、これが石油ピークと表裏の関係にあるとは説明されない、とても不思議なことです。

対策は同じ「脱浪費、無駄をしない」、そして「もったいない」です。冷徹な科学的合理性を育て、論理の多様性を求める2008年としたい。

「わかったつもり」は無知に劣る、聞く耳が無い、日本の95%がそうです。残り5%が真に志のある、理念のある方、そして白紙の方々、素直な聞く耳をお持ちである。木も森も見ない今の日本、「偽」が今年の言葉とは、さびしい限りです。木を見る人も自分の木を売り込むのに懸命、我田引水は政産官学の全てに蔓延しています。困ったことです。

宇宙太陽発電、海洋温度差、水素社会、メタンハイドレート、いずれも石油の代わりとはならない、だが税は投入される、しようとする日本のわかったつもりの人々。地球規模で人類の生存基盤が崩壊しつつあるのに、未だに石油ピークも理解しない。水資源が大事という人も、エネルギーのことは何とかなると思っている。部分しか見ないのである。日本は幸い水に恵まれている、だがエネルギーは皆無といってもよい。だからと言って原子力も無限ではない、ウラン資源も有限、高レベル廃棄物問題は未だ目途も立たない、世界中で。

温暖化の対策も省エネルギー技術、排出権、二酸化炭素の地下貯蔵、海中になどと繰り返すが、「脱浪費」とは言わない。ロシアなどに排出権取引で国民の税を投入してはいけない。環境対策技術も木しか見ない論議ばかり。人類史は文明が崩壊するとき、リーダは当てにならないと教える、そして今、石油文明が崩壊しつつある。森も木も見ない日本、2008年はどうなるのか、もう手遅れの日本か。

ノアの箱舟は如何であろうか。志のある人々が、日本の自然と生きる、地域コミュニティーは。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2007-12-28 09:11 | これからの日本

OPEC石油増産見送り:当たり前である、そこで日本はどうする?

石油輸出国機構が5日、石油増産せずに2725万バーレル/日に据え置くと決めた。当たり前である。石油収入は原油高でそれなりに潤っている。しかも生産余力はもうない、2005年5月が「原油」生産はピークだったアメリカの公的なデータがそう語っている。
いまOPEC域内では人口は増え、石油消費は増大している。石油以外に何もないこれらの国々が、これ以上埋蔵量を減らしてまで先進工業国に協力する義理、必要などはない。これも「当たり前」、むしろ未来世代のために少しでも残しておくの筋であろう。

「お爺さんはラクダに乗っていた、親父は高級車に、今は自家用ジェット機に乗る、だがその子はまたラクダに」とならないように、識者は考え始めたのか。私が彼の地のリーダだったら増産などしない。

原油高騰は投機マネーによる、も疑いの余地はない。今後も乱高下しつつ更に高値となろう。ペットボトルの水より安いガソリンがむしろ異常なのである。

サブプライムローンもある、加えて日本の超低金利マネーが世界を巡る。これに庶民の受けるべき金利をゼロにして資金供給する日銀の政策も、と思うが僻目であろうか。
このような大規模なマネー供給が原油価格を翻弄する、これも当たり前。市場至上主義はそれを認めなければならないのでは、自由放任がその根本原理だから。

しかし新聞もテレビが語らない重大なことがある、それは「石油ピーク」だ、OPECにはもう生産余力などない。
世界で最も脆弱でリスク感覚欠落の暢気日本への忠告、また繰り返す、「脱浪費、無駄をしない」ことである。

これは温暖化対策についても同様、たとえば2050年に50%減にも「もったいない」をスローガンとしたいもの、排出権取引、二酸化炭素の海洋、あるいは地中投棄、バイオ燃料などの技術論ではなく。石油文明の黄昏である、小ざかしい「わかったつもり」の小手先の議論では駄目なのである。真に冷徹な科学の論理で国益を守る必要がある。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2007-12-06 09:59 | 石油ピークとは

少しわかってきた朝日新聞:原燃料高どうなる物価、バイオ燃料が食料争奪戦を招く

メディアの温暖化記事が少しだが変化しつつある。石油ガどうやら有限らしい、バイオ燃料で食料争奪戦が起きる・・・、現実的な記事も現れだした(朝日12月1日)。ようやくここまで来た、との感がある。だがまだまだ、地球が有限と思っていないのだから。

温暖化はエネルギー問題そのものであることも理解され始めた。石油はどうやら特別のものらしい、オイルサンド、オイルシェールなどは石油の代替とならない、エネルギーコストが高いらしいなど。ようやく、水素フィーバもかなり下火になった、当たり前である、水素はエネルギー源ではないのだから。

温暖化対策としての排出t権取引だが、日本国内で回る分にはまだしも我慢できるが、それが海外へ、最大余裕国のロシアへ税金を使って、などとなってはならない。国民が、社会が崩壊するからである。そうならないことを祈っている、「わかったつもり」は駄目なのである。

繰り返す、合理的な温暖化対策は、まず「脱浪費で、無駄をしない」である。これはそのまま「石油ピーク」対策:「日本のプランB」となる。温暖化と石油ピークの問題はコインの裏と表の関係にある。今度こそ、真に科学的なポスト京都論を展開したいもの、追従でも迎合でもなく。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2007-12-03 04:59