<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「もったいない学会」が動き出しました、ご支援下さい

「もったいない学会」、取り合えず任意団体で発足、2006年8月28日、HP ご覧下さい。学会の基本的な趣旨は次の通りです。
 「石油ピーク」は「農業ピーク」、「現代文明ピーク」でもある。生存基盤の脆弱な日本は、これに対し早急に対応をとる必要がある。この法人は、有限な化石燃料のピークの意味をすべての人に啓蒙し、エネルギーの質を軸として利用可能なエネルギーを検討し、古来から日本が実践していた「もったいない」について学び、現代社会維持に対する対策を考え、新しい生活の理念、哲学の提言や実践事例の発信などの活動を目的とする
[PR]
by tikyuu_2006 | 2006-09-20 23:14 | もったいない学会

福岡オリンピックに思ったこと

<福岡に住む大学人から、次のようなご意見を頂きました。今まで全く報道されなかった視点であり、極めて重要な問題提起です。やはり今の日本の指導層に任せて置けない、「もったいない学会」の趣旨に沿うと考え、引用させていただきました>

 山崎福岡市長は、すでに償還すべき2.7兆円の市債がありながら、さらに数千億円の予算(大部分は市債)を使って、オリンピック誘致と須崎地区の大型開発を提唱していましたが、東京都が立候補地として選定され、一安心です。 
 多くの福岡市民や県民は、これを機会に「市長に対して、健全な財政建て直しの立場を、と願っているのでは?」と思われます。 私が、いろいろな会合で知り合った30代以上の方々(特に女性群)は、「市の借金を返済することが先決で、オリンピック誘致に反対」していましたが、テレビをみていますと、若者が、「オリンピックが見たいから福岡を選定してほしかった」、とインタビューに答えており、男性のアナウンサーが、「福岡市民は、オリンピック誘致に1人当たり7~9万円の支出増が必要と試算されていますが、それでも賛成ですか?」との問いには答えませんでした。
 先生が、以前からご指摘の「エネルギーと食糧の危機」がまもなく訪れようとしているのに、かなりの若者が「エネルギーも食糧も税金も大量に無駄使いする思想の危険性を看過できない」、わが国の将来を危惧しています。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2006-09-03 09:02 | ご存知ですか?