カテゴリ:エネルギー、環境( 57 )

宇宙太陽光発電は「夢でしかない」: EPRで考えるべき

毎日新聞、2月22日(日)に太陽光発電の大特集、キャンペーン記事が。 そこに”2050年目指し「宇宙時発電」も研究進む”、とあった。宇宙航空研究開発機構、JAXAは「夢の技術でなく、30年には実現できる」と強調した、という。

本当にそうなのか、そうではなかろう。かって米国が1960年代に計画したが、80年代に中断した。90年代以降日本で研究が活発化し、米国が開発を再開した、とある。これも本当にそうなのか。

米国での中断の理由は、根本的に2つあった。先ずエネルギーコストであり、もう一つ、これはさらに脅威的だが電離層などの地球環境破壊を恐れたのである。宇宙から送電するのに、電線は引けない。 マイクロ波、つまり電波で送るしかない、それも大電力をである。 これは何が起こるかわからない、それを恐れた。

エネルギーコストは、EPR:エネルギー収支比で併せ考えるべきである。宇宙は雲がないなどは、子供の論理でしかない。 結論的には、宇宙太陽光発電は「夢でしかない」のである。 新エネルギーをEPRで科学的に評価する習慣を日本も身に付けたいものである。 宇宙航空研究開発機構におかれても、ぜひ宇宙太陽光発電のEPRを検討していただきたいものである、国家プロジェクトとして「国民の理解」を得たいのであれば。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2009-02-22 12:17 | エネルギー、環境

オバマ政権のグリーンニューディール:欠かせないEPR評価

オバマ政権のグリーンニューディールが、日本で繰り返し報道され、また人気もあるようですが、大きな誤解が二つあるようです。

太陽、風力などの自然エネルギーでは、アメリカのエネルギー需要のほんの一部しかまかなえないこと、もうひとつはEPRでその意味を評価しないと、科学的合理性を欠く可能性があるということです。

経済恐慌の1930年代、アメリカでニューディール政策として巨大なダムを作るなど、大きな公共投資が行われました。オバマ政権のグリーンニューディールは、それに倣った表現でしょうが、その意味はエネルギー収支比:EPRでよく分析する必要があるのです。さもないとトウモロコシからバイオエタノール、この一見よさそうなエネルギー政策が、実態においてはエネルギー損失、かえって二酸化炭素が増していた、ということにならないためです。
割り切って、400万人ともいわれる大きな雇用創出の公共事業、とおもう方がよいのかもしれません。

EPRで、というのは「自然、新エネルギー」を科学的に評価しなければならない、という意味です。よく日本の進んだエネルギー技術といいますが、EPR的におかしなものが少なくないのです。

日本では「もったいない学会、EPR部会」がこの問題に取り組んできました。これは日本では唯一といってよいものですが、最近ようやく大学がそれに習う動きが出てきました。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2009-02-02 06:24 | エネルギー、環境

オバマ氏の難問、エネルギーと環境:「血と油」の著者、M.T.Klareの見解

オバマ氏の就任後最大の問題は「エネルギーと環境」でしょう。金融危機はお金をばら撒く以外にないからです。
有名な「血と油;Blood and Oil」の著者、ハンプシャー大学のM.T.Klareの明晰で冷徹なリアリズムは我田引水、情緒的な議論の多い中で傑出しています。ご参考まで。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Obama's Energy Challenge
By Michael T. Klare
November 10, 2008

Of all the challenges facing President Barack Obama next January, none is likely to prove as daunting, or important to the future of this nation, as that of energy. After all, energy policy--so totally mishandled by the outgoing Bush-Cheney administration--figures in each of the other major challenges facing the new president, including the economy, the environment, foreign policy and our Middle Eastern wars. Most of all, it will prove a monumental challenge because the United States faces an energy crisis of unprecedented magnitude that is getting worse by the day.

The US needs energy--lots of it. Day in and day out, this country, with only 5 percent of the world's population, consumes one quarter of the world's total energy supply. About 40 percent of our energy comes from oil: some twenty million barrels, or 840 million gallons a day. Another 23 percent comes from coal, and a like percentage from natural gas. Providing all this energy to American consumers and businesses, even in an economic downturn, remains a Herculean task, and will only grow more so in the years ahead. Addressing the environmental consequences of consuming fossil fuels at such levels, all emitting climate-altering greenhouse gases, only makes this equation more intimidating.

As President Obama faces our energy problem, he will have to address three overarching challenges:

1. The United States relies excessively on oil to supply its energy needs at a time when the future availability of petroleum is increasingly in question.
2. Our most abundant domestic source of fuel, coal, is the greatest emitter of greenhouse gases when consumed in the current manner.
3. No other source of energy, including natural gas, nuclear power, biofuels, wind power and solar power is currently capable of supplanting our oil and coal consumption, even if a decision is made to reduce their importance in our energy mix.


This, then, is the essence of Obama's energy dilemma. Let's take a closer look at each of its key components.

Excessive Reliance on Oil
No other major power relies on getting so much of its energy from oil. Making that 40 percent figure especially daunting is this: the world supply of oil is about to contract. The competition for remaining supplies will then intensify, while most of what remains is located in inherently unstable regions, threatening to lead the US into unceasing oil wars.

Just how much of the world's untapped oil supply remains to be exploited, and how quickly we will reach a peak of sustainable daily world oil output, are matters of some contention, but recently the scope of debate on this question has narrowed appreciably.

Most energy experts now believe that we have consumed approximately half of the planet's original petroleum inheritance and are very close to a peak in production. No one knows whether it will arrive in 2010, 2012, 2015, or beyond, but it is certainly near. In addition, most energy professionals now believe that global oil output will peak at far lower levels than only recently imagined -- perhaps 90-95 million barrels per day, not the 115-125 million barrels once projected by the US Department of Energy. (Here I'm speaking only of conventional, liquid petroleum; there are some "unconventional" sources of oil--Canadian tar sands, Venezuelan extra-heavy crude, and the like--that may boost these numbers by a few millions of barrels per day, without altering the global energy equation significantly.)

What underlies these more pessimistic assumptions? To begin with, the depletion rate of existing fields is accelerating. Most of the giant fields on which the world now relies for the bulk of its oil supplies were discovered thirty to sixty years ago and are now reaching the end of their productive life cycles.

It used to be thought that the depletion rate of these fields was about 4 percent to 5 percent a year, but in a study to be released November 12, the International Energy Agency (IEA), an affiliate of the Organization for Economic Cooperation and Development (the club of wealthy industrialized nations), is expected to report that the decline rate is closer to 9%, an astonishingly high figure. At this rate of decline, the world's major fields will be depleted of their remaining supplies of oil relatively quickly, leaving us dependent on a constellation of smaller, less productive fields, often located in difficult to reach or unstable areas, as well as whatever new deposits the oil industry is able to locate and develop.

And this is the second big problem: Despite huge increases in the funds devoted to exploration, the oil companies are not finding giant new fields comparable to the "elephants" discovered in previous decades. Only two such fields were discovered between 1970 and 1990, and only one since--the Kashagan field in Kazakhstan's corner of the Caspian Sea. True, the companies have discovered some large fields in the deep waters of the Gulf of Mexico and off the coasts of Angola and Brazil, but these are neither on a par with the largest fields now in production, nor anywhere near as easy to bring on line. They will not be able to reverse the coming decline in global output.

Given these factors, it is clear that the global supply of oil is destined to begin contracting in the not-too-distant future, and that the global peak in production--when it does arrive--will be at a level much lower than previously assumed. The current global economic downturn and the sudden fall in energy prices may, for a while, mask this phenomenon, but they won't change it in any significant way.

Our excessive reliance on oil in good times and bad is made all the more problematic by the fact that, just as supplies are dwindling, global demand is expected to rise mainly because of increased consumption in China, India, and other developing nations.

As recently as 1990, the developing nations of Asia accounted for only a relatively small 10 percent of global oil consumption. Their economic growth has been so rapid, however, and their need for oil so voracious that they now consume about 18 percent of the world's supply. If current trends persist, that will rise to 27 percent in 2030, exceeding North American net consumption for the first time. This means--if energy habits and present energy use don't change radically--that Americans will be competing with Chinese and Indian consumers for every barrel of spare oil available on world markets, driving up prices and jeopardizing the health of our petroleum-dependent economy.

To make matters worse, more and more of the world's remaining oil production will be concentrated in the Middle East, Central Asia and sub-Saharan Africa. That these areas are chronically unstable is hardly accidental: many bear the scars of colonialism or are delineated by borders drawn up by the colonial powers that bear no resemblance to often fractious ethnic realities on the ground. Many also suffer from the "resource curse": the concentration of power in the hands of venal elites that seek to monopolize the collection of oil revenues by denying rights to the rest of the population, thereby inviting revolts, coups, and energy sabotage of every sort.

As it has grown more reliant on oil deliveries from these areas, the United States has attempted to enhance its energy "security" by an increasing reliance on military force, even though such efforts have largely proved ineffectual. Despite all the money and effort devoted to enforcement of what was once known as the Carter Doctrine--which stated that the uninterrupted flow of Persian Gulf oil to the United States is a vital national interest to be protected by any means necessary, including military force--the Persian Gulf is no more stable or peaceful today than it was in 1980, when President Jimmy Carter issued his famous decree.

Our over-reliance on oil, then, is our greatest energy vulnerability. But what are the alternatives?

The Problem with Coal
The energy source which the United States possesses in greatest abundance is coal. This country has the world's largest reserves, 247 billion metric tons, and is second only to China in using coal. In this country, coal is primarily employed to produce electricity, but it can also be converted into a diesel fuel -- known as coal-to-liquids or CTL--to power cars and trucks. Although CTL, widely used by Germany during World War II to power its war machine, is still in its infancy in the US, it could conceivably be used to supplement future declining gas supplies.

When coal is burned in the conventional manner, however, it emits more climate-altering greenhouse gases than any other fossil fuel--twice as much as natural gas and one-and-a-half times that of oil to produce the same amount of energy. As a result, any increase in our reliance on coal will lead to ever greater emissions of carbon dioxide, only accelerating the already perilous rate of global warming.

In addition, an increased US reliance on coal would only flash a green light to China, India and other countries eager to do likewise. The bottom line? Any hope of reversing the buildup of greenhouse gases in the atmosphere in time to avert the most severe consequences of climate change would go out the window (possibly quite literally).

During the recent election campaign, Barack Obama and John McCain both spoke of speeding the development of "clean coal technology." In the present context, however, clean coal is a deceptive term, if not an outright misnomer. It generally refers to pollution-free coal, not to coal free of carbon emissions. Coal that would burn without damaging the climate is best referred to as climate-friendly coal, or "safe coal." At present, there are no power plants anywhere on the planet capable of burning coal in a climate-safe manner.

Right now, there is only one technology being seriously discussed that would burn coal safely: carbon capture and storage, or carbon sequestration. Under this process, powdered coal is combined with steam and turned into a gas; then the carbon is stripped away and eventually buried. This is a tricky and costly technique that has yet to be fully tested. But at the moment, it is the only foreseeable path to using coal in a climate-friendly way. President-elect Obama has spoken of his interest in this technology, but without a lot more support and investment--no small matter in economically tough times--it will never get the boost it deserves.

Consider the Alternatives
So what's left to satisfy our future energy needs?

Natural gas is the next biggest source and it possesses a number of advantages. Of all the fossil fuels, it releases the least amount of carbon dioxide when burned. We possess substantial, if not overwhelming, reserves of natural gas in this country. But like oil, it is a finite substance. Eventually, it, too, will peak and begin a decline of its own. Energy experts are less certain about when exactly this is likely to occur, but most see it coming a decade or so after oil's peak.

Our biggest problem with natural gas is that we are gradually running out of North American reserves and so must increasingly rely on supplies from elsewhere--in this case, in the form of liquefied natural gas, or LNG. Fully 45 percent of the world's remaining reserves are, however, held by just three countries, Russia, Iran and Qatar, while large amounts are also held by Algeria, Iraq, Kazakhstan, Saudi Arabia, Turkmenistan and Venezuela. This means, of course, that we face the same geopolitical problems relying on natural gas as we do with oil.

Some say we should increase our reliance on nuclear power. Nuclear power's attraction is that, once in operation, it does not emit carbon dioxide. It does, however, raise enormous safety issues and produces toxic radioactive wastes that must be stored for thousands, or even tens of thousands, of years in ultra-safe containers--a technological challenge that has yet to be overcome. Given these problems, the rising costs and legal problems of building new reactors have deterred all but a few utilities from considering their construction, putting distinct limits on nuclear power's capacity to overcome America's energy crisis.

By far the most attractive alternative to oil and coal is obviously renewable energy, especially wind and solar power--much praised but inadequately supported by politicians of both parties. These need no fuel source (save the sun and wind), are never used up, and emit no carbon dioxide. They seem the perfect solution to the planet's energy and climate crises.

The full potential of wind and solar power, however, cannot be realized until at least two other hurdles are overcome: the development of efficient storage systems to collect energy when the sun and wind are strong and release it when they are not, and the construction of an expanded nationwide electrical grid to connect areas of reliable wind (especially the mountain states and high plains) and sunshine (the Southwest) with the areas of greatest need. These are bound to be costly endeavors, but until they are fully funded, wind and solar power will not be capable of replacing more than a tiny fraction of oil and coal in the nation's overall energy mix. Unfortunately, against a backdrop of bad times in a new era of "cheap" oil that will not last, the likelihood of such funding at the levels needed has declined precipitously.

Much can be said about the potential of advanced biofuels (those not reliant on food crops like corn), geothermal energy, wave power, hydrogen power and nuclear fusion, but these all remain in the same category as wind and solar (only more so): they show a lot of potential, but without substantially more research, development, and investment, they cannot help wean us from our reliance on oil and coal.

The Challenge to be Met
If this assessment is accurate, President Obama will face a tough, if not overwhelming, challenge in attempting to get the nation's long-term energy crisis in hand. On coming into office in increasingly tough times, he will be besieged by a host of immediate crises and demands for funds. On energy, his natural inclination, given limited financial resources, will undoubtedly be to make a series of modest gestures toward "green energy independence." This coming crisis, the central one of our lifetimes and those of our children and grandchildren, cannot, unfortunately, be solved via small-scale course corrections.

Needed is a major White House-led initiative on the scale of the World War II Manhattan Project that produced the first atomic bomb or the Apollo Moon Project. The principal goals of such an epic undertaking would have to include:

1. Reducing oil's contribution to America's total energy supply by half over the next quarter century. This would require a comprehensive program of conservation, increased development of public transport, the accelerated development of electric-powered vehicles and advanced biofuels, and other technological innovations.
2. Gradually reducing US reliance on coal, unless consumed in a climate-friendly manner, as well as providing government support for the development of carbon capture and storage technology.
3. Increasing the contribution of renewable energy sources to America's total energy mix from their current 6 percent to at least 25 percent, if not significantly more, by 2030. This would require substantial public investment in new technologies and electrical power lines.
4. Demilitarizing America's reliance on imported petroleum. This means repudiating the Carter Doctrine, dismantling the vast military apparatus created since 1980 to enforce that policy, and using the resulting savings--as much as $150 billion per year, says a new report from the National Priorities Project--to help finance the initiatives described above.


Only by embracing such goals can President Obama hope to overcome the long-term, potentially devastating energy crisis now facing this nation.
[PR]
by tikyuu_2006 | 2009-01-17 04:36 | エネルギー、環境

「メタンハイドレート」は「エネルギー資源」ではない

経済危機、恐慌を回避するには、と様々な評論家、識者の「博識」がメディアをにぎわす。いわく「温暖化産業、新エネルギー、環境技術」で景気を浮揚させよう、などである。

最近、このような「わかったつもり」の話に、「メタンハイドレート」がある。日本周辺海底下の地層に無尽蔵のメタンがあるというのだが、これは「資源の質」が考慮されていない。だが毎年多額な税が投入される。脱石油の切札とする識者もいるが、資源というには質がきわめて低くすぎる。EPRからみて問題となりそうにない。当初期待されたメタンハイドレート層下の「フリーガス」は無かった。その後、ポンプで地下水をくみ上げる減圧法が試され、08年には連続6日間の成功というが、激しく自噴するガス田とはまったく違うもの、「資源は質がすべて」と思うべきである。

太平洋戦争の末期、神風が吹くと言う幻想があった。それに似ている、溺れる者、わらをもつかむ、その「現代の藁の一つがメタンハイドレート」のようである。あるいは道路に代わる、新たな公共事業投資というべきか。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-12-14 13:09 | エネルギー、環境

正しく理解したい、エネルギー収支比(Energy Profit Ratio, EPR)とは

エネルギー収支比(Energy Profit Ratio, EPR)とは、EPR=出力エネルギー÷投入エネルギー、EPRは必ず1より大きい必要がある。1より小さいということは、エネルギー資源ではないということ。石油は20世紀初頭の全盛期はEPRは100もあった。自噴する資源は石油だけ、もうその豊かな石油時代は終わっている。

例えば水素自動車だが、水素製造と水素自動車の部分は注目され検討が進んでおり、実現性が高い。しかし、製造した水素は気体であり、輸送、貯蔵には適さないので、体積の小さい液体にする必要がある。このために絶対零度に近い-263℃まで冷却する。ここに膨大なエネルギーがかかる。このように全体を見通すことがEPRを実施する最大の意義である。
水素は一次エネルギーでなく二次的である、何かから作る必要がある。天然ガスからエネルギーをかけて水素を作る。天然ガスからは殆ど意味がない、何故なら天然ガスピークも遠いことではないからである。 もっとエネルギーをかけ、水の電気分解をして水素を作る。風力、太陽光発電の電力貯蔵のための水素製造は電気から水素への変換のエネルギー損失や輸送、貯蔵の液体にするための損失を考えると、電気はそのまま使うのがよい。高温ガス炉(原子力)からの水素製造も同じであり、高温の熱をそのまま使うか、電気として使うべきである。水素は石油代替えとならない。

エネルギーペイバックタイムとの関係については、投入エネルギーの算出の際にライフサイクル全体を考慮(#投入エネルギーの考慮範囲を参照)している場合は、EPRとエネルギーペイバックタイム(EPT)との関係は EPR = (想定寿命)/EPT で表される。
しかし、現在活用されているEPTでは、この関係は成り立たない。産業活動に伴って二酸化炭素を排出し、それが地球温暖化につながる。この二酸化炭素を排出面からエネルギーの費用対効果(効果=出力(二酸化炭素)に対して費用=投入エネルギー(二酸化炭素))を見ているのがEPT,EORI、EROIEである。二酸化炭素と熱出力は比例関係にある。熱出力で見る場合が多い。

EPTが2年、もしくは3年という数字を300万円の太陽光発電を2年か3年で元が取れると誤解している方が多いが、EPT=入力(二酸化炭素)/出力(二酸化炭素)であり、EPT=入力(投入したエネルギー)/出力(電力)ではないことに注意すべきである。
一方、少ない石油から多くのエネルギーを得る。石油ピークの時代はエネルギーを質から見て、効率的に使うことが求められる。このエネルギーの費用対効果(効果=出力(電気など実際に使うもの)に対して費用=投入(実際にかかるエネルギー))を見ているのがEPRである。 EPTは地球温暖化を最優先に、EPRは資源の有効利用を最優先に考えている。ここが大きな違いである。 注)EPT: energy pay back time, EORI: Energy Return on Investment 、EROIE: Energy Return on Invested Energy

具体的な計算式は EPT= [Ie(2.25)+If]/[Oe(0.86)] EPR=[Oe(0.86)*20]/[Ie(2.25)+If]  
20:太陽光発電の寿命(年)  Ie:電力としての投入エネルギー、If:化石燃料としての投入エネルギー、Oe:発電される電力エネルギー/年、Oe(0.86) 1kw=0.86Mcal 正味の電気エネルギー、 Oe(2.25) 1kw=2.25Mcal 電気を作り出すための熱エネルギー(二酸化炭素排出量に比例) 

以上、元電力中央研究所;天野治氏によるが、客観的とされるWIKIPEDIA(日本語)が間違っており、それが訂正できないからである。投稿してもすぐ消される、とか。
--------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-11-23 07:08 | エネルギー、環境

CO2の地下貯留より、「低エネルギー社会」を目指すべき

日経新聞8月19日の一面トップに、「CO2国内で地下貯留」、 電力など29社、官民で帝国石油の福島沖天然ガス田で大規模実験とある。 実用化まで主に国費、総額500億円だそうである。 だが、これは科学的に本当に正しいのか、むしろエネルギー消費を増やし、二酸化炭素を増大させるのでは?

温暖化の主原因は自然現象、という見解が広がる中、CO2の地下貯留は無駄なエネルギー消費を増やす、当然結果としてCO2はむしろ増大すると考えられる。 「高く乏しい石油時代」、このような非合理性は許されるのか、まして石炭すら今は輸入する国、日本である。

「低炭素社会」を、というからこのような誤解を生む「低エネルギー社会」を目標とすれば脱石油、温暖化へ、最も合理的な戦略が生まれると思うが、今の日本そのような科学合理性は、もう存立出来ないのだろうか 地球温暖化より怖いのが「エネルギー・食料の不足」である。莫大な税を投入するCCSが、もう一つの無駄な公共事業とならないよう願っている。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-08-19 12:01 | エネルギー、環境

「The Last Oil Shock」 (日本訳、地球最後のオイルショック): 読売新聞書評

「地球最後のオイルショック」、David Strahan著の読売新聞書評(08年7月27日朝刊)である。原著名は「The Last Oil Shock 2007」、以前、原文で読んだが良い本であった。 

読売新聞の書評---------------------------------------
脱石油の道筋模索 地球環境の未来に対していかなるビジョンが示されるのか。鳴り物入りで開催された洞爺湖サミットだったが、2050年までにCO2排出量を50%削減 するというあまりに遠大な目標を確認するだけで終わった。 片やCO2の元凶、原油の価格上昇が止まらない。投機的資金の流入が原因とメディアは解説するがこれは単なるマネーゲームの結果ではない。根本の原因は石油の供給需要バランスが劇的に変化しているからだ。皆が、原油の消費量が埋蔵量の半分を超える点、すなわちピークオイルがいつ到来するのかに怯(おび)えている。

産油国は埋蔵推定をひた隠すが、様々なデータはその時が刻一刻近づいていることを示す。本書の記述は常に実証的だ。油田発見数の減少。産油国の新規生産投資の後退。米国では1970年以降、産出量が減少の一途だ。既にピークアウトを迎えている国。米国、クウェート、イラン、インドネシア、ロシアなど60か国以上。一方、新興国は必死に石油を求める。これこそが真の、そして最後のオイルショックである。

では石油の後は何か。風力? 太陽光? 原子力? 現在の水準を維持するにはいずれも途方もない大転換が必要だ。米国内の自動車を燃料電池に切り替えた場合に必要な電力を、風力発電で賄おうとすればノースダコタ州の面積の80%(約15万平方キロ)に風車を設置しなければならず、太陽光ならマサチューセッツ州の面積(約2万7000平方キロ)以上の電池パネル、原発なら433基が必要だ。そもそもこれらの建設に何十年もかかる。それでも著者はパラダイムシフトの方策を提言する。

代替エネルギーを模索しつつ、ともかく消費を減らすこと。地球温暖化論者も、それに対する懐疑論者もそろそろ本音を言ったらどうなのか。地球の危機は気候問題ではない。2050年には確実になっていること。それは石油の枯渇だ。CO2削減の真の目的もここにあると。高遠裕子訳。◇David Strahan=調査報道で定評のあるジャーナリスト、ドキュメンタリー・フィルム製作者。
以上----------------------------------------

ようやく書評として、「石油ピーク」が日本の新聞にも出るようになったが、まだ本当にわかっていないのでは、「石油ピーク」を「石油の枯渇」と勘違いしているから。 この違いは、本質的なのである。 そして、 「石油最終争奪戦」はもう来ている。
原理的だが、2つのことを理解すると、全てが見えてくる、それは「地球は有限」、「資源は質が全て」である、だが日本はこれを知らない。
現代はもうマネー本位制ではない、石油本位制、エネルギー本位制である。 そのインデックスがEPR(Energy Profit Ratio、いま文明が変わりつつある。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-08-04 06:50 | エネルギー、環境

「誤った地球温暖化論に惑わされないために」:赤祖父氏の新著

「正しく知る地球温暖化:誠文堂新光社」という本を、アラスカ大学の赤祖父俊一教授が「洞爺湖サミット」に合わせて出された。そのサブタイトルが題記、件名である。
その趣旨は、日本が間違った科学に踊らされて「非合理で不利なコミット」をしないように、との憂国の書でもある。東北大学地球物理学科卒、長年オーロラ、北極圏研究で知られる氏は、地球温暖化は事実である、だがその原因についてIPCCの見解は科学的でない、間違っていると述べるのである。

過去100年間の気温上昇、0.6度の大半、6分の5程度は小氷期時代からの回復過程のため、6分の1程度0.1度が人間の二酸化炭素排出によるとする。豊富な地球科学的な資料、データを駆使しての解説はわかりやすく、科学的に納得できる。温暖化を論ずる人の必読の書であろう。 無駄に税金を使用させない、意味のない温暖化対策に巨額投資しない、世界にお金をばらまかない、温暖化産業なども無意味、無駄、もったいないと、わかってくる。

外から見る日本は、いまも欧米追従で自分で考えない。強かな国際力学で幼稚で危ういと心配され、「IPCC議長国のインドに手本を示してください。日本はそれによって独自の方針を決めます」でよいではないか、と述べるなど読み物としても面白い。

赤祖父さんは、もったいない学会のサロンでも講演しておられ、映像でみられます(会員PWが要りますが)。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-06-29 09:16 | エネルギー、環境

古い家電を使うのは、もったいない?:川口順子元環境庁長官

川口順子さん元通産官僚、そして元環境庁長官が「もったいない精神」は逆効果と、「もったいない」にかみついた。

7月28日朝日新聞の「政策ウオッチ」、温暖化対策だが、「もったいないと言って、古い家電を使い続けるのは、もったいない」、エアコンの話、電気代のことだが、コラム最後に「メーカ支援策かと邪推してしまう」と閉じてある。

最近の朝日新聞にしては、味なことば。「もったいない」に色々な意見がでてきたのは大歓迎!如何? そして念のために付け加える。クーラーをつけ放しにする人と、夏の暑い盛りの我慢できない時しかスイッチを入れない人では、全く条件が違うこともお忘れなく。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-06-28 09:21 | エネルギー、環境

石油埋蔵量はまだまだある?:IEAの幻想

石油ピークを無視する理由が、下記の「まだまだある」の図。英語だが日本の有名なある組織である。 ここで非在来型の炭化水素資源も右肩あがりでまだまだ増加する、としている。
これは大変な間違い、量しか見ておらず質を忘れた議論である。これをEPRで評価すべき、アカデミズム、学会、大学など最重要の、急を要するテーマなのである。

6月12日の朝日新聞7ページに、IEA(国際エネルギー機構)事務局長、日本の元官僚、田中伸夫氏の談として、地下には十分な埋蔵量がある、との呑気な記事が掲載されている。
これが最近の日本の現実、信じたいことしか聞かない。今のままでは日本は危ないが もったいない学会のみ本気で心配している。
b0085879_857437.jpg

[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-06-12 09:18 | エネルギー、環境