カテゴリ:これからの日本( 83 )

石油文明が終る、日本はどう備える

「石油文明が終る、日本はどう備える」
2010/11/21鎌倉雪ノ下教会(友愛会)にて講演(12/1稿)

2006年が石油ピークであった、IEAが2010 WEOレポートで公認
石油ピークは石油文明の変革を意味する、何かを本気で変える時である、そして世界的な経済不況の深層には石油ピークがあると理解すべき、人は自然の恵みで生かされているからである。
地球は有限、資源は質が全て、特にエネルギーは文明のかたちを決める、それはエネルギー無しには、何も動かせず何も作れないからである。日本は経済浮揚、温暖化一辺倒のようだが、「石油ピーク」の意味を理解し、基本戦略を構築する必要がある。

歴史的には、森が古代からの人類のエネルギー源であった。19世紀からの産業革命は石炭が支えた。人類はこの化石燃料によって、それまでの森林不足による慢性的なエネルギー不足から解放されたのである。そして20世紀は石油の世紀、特にこの半世紀の指数関数的な消費拡大は激しかった。
だが地球が有限である以上、全ての資源は有限、石油は減耗し人類は長いエネルギーの下り坂を経験しよう。ここで改めて念を押すが、石油ピークは枯渇ではないのである。安く豊かな石油時代は終ったのである。だが余りにも優れた石油の代りはない。

石油の究極的可採埋蔵量は2兆バレル程と地質学的に見積られている。それは富士山を升として20%程度、人類はもうその半分使った、そして条件の悪いものを後に残した。
エコノミストは市場が解決する、技術者は技術が進歩すれば、と思うようだが、それは「資源の質」を知らない、熱力学のエントロピー則を理解しない議論である。

人類の生存基盤が崩壊、石油ピークはその象徴、成長至上主義はもう時代遅れに

石油ピーク後、生産は年率数%で減退するとみられる。短期的な価格、生産量はその時々の経済動向に左右されて変動しようが、それに惑わされないこと、長期的な石油に依存する現代文明の衰退を意味する。
地球資源の減耗は石油に限らない。世界の森林面積はすでに半減、漁獲量ピークは前から知られていた。地下水の危機的な減退もある、飲料水、農業の未来が危ぶまれる。

流体燃料の石油ピークは、内燃機関で動く運輸システムを直撃する。現代農業に必要な肥料、農薬、農耕機械も石油・天然ガスが頼りである。化学工業の主要な原材料も石油であるから、石油ピークは文明ピークである。

最近の膨大な財政投入による経済浮揚策は一時凌ぎでしかない。地球温暖化対策も、脱炭素より「低エネルギー社会」の視点で論理構築すべきである。排出権取引、二酸化炭素の地中、海洋投棄などは政策として賢明とは言えない。

話題の様々な新エネルギーも、どれが本命かわからない。原子力もウラン資源は有限、放射性廃棄物の処理は未だに不透明である。太陽、風力エネルギーは無限と人は言うが、エネルギー密度が低いのが難点、しかも間欠的で不安定である。これからはEPR(Energy Profit Ratio、エネルギー入出力比)で判断すべきである。

電気自動車が未来のホープのように喧伝されるが、リチウム・イオン電池用のリチウム資源ははチリなどの塩湖で採掘されるが、その資源量は有限であり、やっかいな公害問題がある。そして電気自動車の電気は、何で手当するかである。

提言、「日本のプランB」
自然との共存が未来戦略の要となる。それには先ず自国の地勢、自然をよく理解することである。日本は大陸でない、山岳70%の列島、海岸線は世界第6位と長いのである。さらに多様性は豊か、画一思考しないことである。
未来は「もったいない」の心、人の絆、多様な持続地域社会を目指すこと、それには科学合理性、リアリズムが大事。

以上要するに「地球は有限、資源は質が全て」と、日本の自然、地勢を理解した Relocalization、その10カ条が、
1)海岸線長は世界6位、山岳75%、自然と共存する、浪費・無駄ない立体農業・新文明
2)石油ピーク:脱欧入亜、アメリカ主導のグローバリズムの凋落、マネー主義の終焉
3)低エネルギー社会:1970年頃エネルギー消費は今の半分、食料自給率60%の心豊か社会
4)少子化:民族生存のチャンス、人口少ないほど有利、年長者も働ける社会の構築
5)石油ピークは流体燃料危機、脱車社会の鉄路、公共運輸の重視、自転車の利用
6)集中から地域分散、低密度の自然エネルギーは分散利用、評価はEPRで「量より質」
7)石油依存農業の見直し、日本列島の有効活用、分散社会への技術、地産地消の立体農業
8)先ず減量、循環社会3R;Reduce(減量)Reuse(再利用)Recycle(リサイクル)の最初のR
9)効率優先の見直し、集中から地域分散、自然と共存をはかる、これは60倍の雇用を
10)GDP成長より心豊かに、もったいない、ほどほどに、人の絆を重ずる「幸福度、GDH」

以上
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-12-01 11:02 | これからの日本

日本が最も意識改革が進んでいるのでは

最近の私のTweet、つぶやき@をご覧下さい。意外と日本の市民、一般国民は、わかってきている、と思うことが屡々です。拙つぶやきへの、様々なレスポンスからの感想です。日本が世界で最も意識改革が進んでいるのでは、と最近は思っています。

@世界中で石油ピーク容認のニュースが、インターネットで飛び交っています。日本はいつまで居眠りするのでしょうか。

@あまりにも優れた石油、流体燃料で多目的資源、その代替などないのです。徹底した「低エネルギー社会」を目指す、日本列島の自然と共存する地域分散社会を 「もったいない」の心で構想するのです。それは雇用も生みます、食料自給につながります。日本国民の意識は世界の最先端、故に浪費に応じない。

@日本人が自信を失っている、とは思いません。最近の地域での若者の活動には目を見張るものが。もったいない学会にはそれが直に伝わってきます。電気もこな いところで、一級建築士が新しい自立を試みる、大工の奥さんが立てた日本家屋で子供二人と、自然の息吹の中で。最近、太陽電池付のリヤカを考案。

@在来型の経済成長路線はもうあり得ない、石油ピークへ備える時だからです。それは新しい日本の自立、地方の時代の構築です。これは雇用を産みます、食糧自給への道です。

@沸騰アジアとNHK特集番組でいうが、マネーで車が走るわけでない、マネーでバイクが、プラスチックが作れるのでもない、「石油は文明の生き血」、石油なしに何も動かせず何も作れない、それがもう限界に。その意味、本気で考えましょう

@アジアが経済発展していますが、それを支える石油が、ピークを過ぎている。成長は早晩停滞するしかない。日本は当面の成長アジアをメリットに、自らの未来 を構想すること。内需はもう増えない、GDP成長は無いものねだり。迫りくる文明転換期、地方分散型へと体質改善するのです、それも急いで。

@飯田哲也は太陽エネルギーの質の悪さ、間欠性の視点が欠落、R.Hirschの近著「The Impending World Energy Mess」ご参照、

@電気自動車EVに、過度の期待をしないこと。オバマと同じ期待大きく失望と、ダイムラーの社長が語ったそうな。同感。さらに付け加えます。リチウムイオン電池用のリチウム資源は南米の塩湖などから、だがこれも有限資源、激甚の公害問題も。メディアは報道しませんが。

@水素・燃料電池実証プロジェクトのことです。日本の全自動車メーカー、いくつかの石油販売会社、東京ガス等が参加しているプロジェクトで、費用は全部税 金、2002年スタート以来、すでに2000億円投入されています。が、石油ピークは念頭にない、全体の国家像がない、いつもの事ながら。

@最新のIEAの弱気なWEO2010レポート、一見の価値ありです。見かけは楽観的ですが、じっくり見ればその逆の辻褄あわせ。日本主流メディアは報道し ませんが、インターネットでは次々とその意味、一見楽観論の裏などが解説されてます。思考停止していない日本の方、ぜひご覧を。

@中国は石油ピークをわかっている。最近のイラン進出などその例。取り分が僅か5%と、あまりの厳しい条件で、欧米など撤退した後、なり振り構わず入り込んだ、そしてインドも。マネー・商業原則など関係ないと。

@脱石油は大変なこと、温暖化の比ではない。アメリカでは本気で太陽、風力が石油代替となるのか、議論が始まりました。在来型の大発電所を併設しなけば、辺 境の地で自然エネルギー発電、その送電には莫大なコストが、などリアリズム。日本の既存システム依存の税金依存の発想ではないところ、さすが。

@日本の得意とする科学技術が、どうやら最大の隘路となった、韓国の後塵を拝するのは当たり前。部分しか考えられない秀才オンチ、かって大本営の秀才参謀が 日本を亡ぼしたのに酷似。2年前、韓国LGから頼まれ、石油ピークについて、ソウル商工会議所で講演、だが日本官僚は石油ピークを今もタブー視。

@今も水素社会を本気で考える人のなんと多いことか、その元、根源的課題を考えられない。そして経済産業省からの税金頼り、企業と一緒に何千億も無駄使いしているね。

@なぜ世界、日本は地球温暖化だけになったのだろう、環境問題というと二酸化炭素、CO2ばかり、これがエネルギー問題と一体、表裏の関係にあると思わないと、何も論理的に進まないのに。

@APEC横浜で、太陽電池、家庭4000軒をスマートグリッドで結ぶ未来型実験をある企業が宣伝している。一見スマートだが、この範囲では一斉に曇りとな り、夜となる、無意味ですね。本来、この程度はコンピュータでシミュレート出来ます、スマートでないですね。石油減耗時代の備えになりません。

@繰返します。「石油ピークは枯渇でない」のです。未だに多くの人が誤解しています。昔から、枯渇すると言われながらまだある、オオカミと少年のような話には聞飽きた、と石油技術協会の幹部すら会誌に述べるのです。リスク感覚の喪失は危険です。

@TPPを一歩前進させた菅政権ですが、石油ピークもご存知ない、平成の開国などと、言葉は踊りますが、石油ピークは食料ピークなのです。国民の食、農業の基本をどう考えるのですか。

@R.Hirschの見解、本格的な太陽、風力発電には、本格的な発電所が附置されないと,その基本的欠陥である間欠性を補償できない。それは新たな太い電 力送電網の建造であるかも、という今まで指摘されていない視点、問題点は目からろこだった。広大なアメリカでは特に必要ということではあるが。

@期待感、幻想のような自然エネルギー論は、そろそろ止めないと、石油文明後は考えられません。アメリカでは広大な自国を念頭においた「リアリズム」が台頭 しつつあります。例えば、R.Hirschの近著、「The Impending World Energy Mess」など。

@太陽、風力エネルギーのEPRの低さ、避けがたい間欠性など、本気で考える時に来ています。実用段階では相当規模の併設発電所が要る、例えば世界最大のアメリカのモハベ砂漠のように。エネルギー保存、蓄電の難しさ、税、電力価格補助などもリアリズムが欠かせません。

など順不同、勝手ながら。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-11-14 10:44 | これからの日本

迷走する日本からの連想

今は石油文明崩壊の時、膨大な財政支出は根本解決とならないのです。100年に一度の経済不況ではないのです。かっての1929年の経済恐慌時とは全く違う、当時は実質的に地球の資源制約などなかった。だからケインズ経済学は有効だったのです。今は違います、そこのところを勘違いしないことです。

繰り返します、21世紀とは石文明の終焉の世紀です。しかしこれは「脱炭素」と捉えると判断を誤ります、「低エネルギー」とすべきです。それは脱炭素は、地球温暖化を意識しすぎる結果となるからです。

太陽、風力エネルギーのEPRの低さ、避けがたい間欠性など、本気で考える時に来ています。実用段階では相当規模の併設発電所が要る、例えば世界最大のアメリカのモハベ砂漠のように。エネルギー保存、蓄電の難しさ、税、電力価格補助などもリアリズムが欠かせません。

尖閣諸島周辺海域の石油埋蔵量について:科学・技術の国らしく正しく知ろう。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-11-08 09:39 | これからの日本

日本も頑張りましょう

未来が全く見えないから、ぶれるのです、菅政権は。そして日本のリーダも。

過日、逗子市で講演、省エネルギーの市民運動ですがEPRを理解していただくのに苦労しました、「資源とは何か」、を理科で教えていないから、有名大学も、例外ではないようです。

そこで最近の思いを綴ります。

温暖化より怖いのです、石油ピークは、しかし国際力学で押されっぱなし、お人よしの日本は。 対して確信犯の世界、少しは自分で考えないと。

TPP 論争、メディアで話題です。農業を犠牲にしても良いのか、がポイントですが、TVタレント、芸能人がわかったつもりの気軽なご意見、それを同じくわかったつもりの司会者、評論家が仕切る。何処にも石油文明の落日の視点もなく、石油ピークも知らずに無邪気、日本の米を中国に輸出すればなどと。

食糧は民族生存の原点です。しかし、今の農業のあり方、農政が良いとも思っていません。食糧エネルギー1キロカロリーに、石油エネルギーを10キロカロリー使っていること、ご存じ? 「石油ピークは食糧ピーク」なのです。

科学技術政策の仕分けも必要ですね。しかし仕分け人は、ノーベル賞受賞者で固めないこと。何故? それは、それぞれのご専門一筋で、栄誉を受けられた方々だから、そこのところを勘違いしないことですね。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-10-29 10:24 | これからの日本

立体農業の薦め “乳と蜜の流れる郷”

立体農業の薦め
石油ピークは食糧ピーク、5年後の日本の食が心配です。
 “乳と蜜の流れる郷”
 立体農業を復活させたい
、義父の久宗壮が賀川豊彦の薦めで岡山県津山で始めた。

“鶏で日給、豚で月給、椎茸と栗で年俸、山林で養老年金” 
 賀川の提案する立体農業を実践し、その体系化を試みた農民の一人に久宗 壮がいる。久宗は1907年、岡山県久米町に生まれた(注7)。地元の農学校を卒業後、(財)大原奨農会農業研究所(岡山大学資源生物科学研究所の前身)所長の近藤万太郎(種子学)の助手を5年間務める。そんな久宗が岡山県津山での賀川の伝道説教を聞いたのは、1930年5月のことだった。貧しい山村に生まれ、若くして弟が肺結核を患い、貧乏のドン底につきおとされていた久宗は、「不幸に打ち克つことが人生最大の幸福である」と説く賀川に大いに励まされる。賀川は、久宗の面会に快く応じ、立体農業の研究を勧める。この時以来久宗は故郷で農業に従事しながら、1985年に没するまで立体農業の研究に没頭する。
1950年、それまでの実践の成果を踏まえて、久宗は『日本再建と立体農業』(日本文教出版)を出版した。
-------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-09-17 20:54 | これからの日本

「日本を変える会」:もったいない学会、有志

日本の閉塞状態を変えたい、とおもい「もったいない学会」の有志は、「日本を変える会」を立ち上げました。 その行動理念は次の通りです。(平成22年5月21日)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
石油生産の増加は世界の成長そのものであった。そこで石油ピークは世界の成長の終わりである。この対応を間違えれば、文明は崩壊する。このことは、石油に生産しているものにしか実感できない。
つまり1859年に石油生産を開始し、メジャーを生み出し、また国内の石油ピークを経験した米国や、北海油田を持つ欧州、石油、石炭を開発して急速に成長する中国は、石油ピークの意味することを実感している。

彼らは、あらゆる手段を使って、文明の崩壊を免れ、ソフトランディングをしようとしている。米国は、広大な土地を使って、不毛の地からエネルギーを生産し、世界の覇権を維持しようとしている。欧米は、多様な国家群の特徴を生かして、相互補完体制を築き、エネルギーの相互依存、基礎科学における知財と施設を共有化し、国際競争に勝ち抜いて生き残ろうとしている。
中国は、エネルギー・資源の余裕がある間に世界に追いつき、石油ピーク後は原子力発電を行い、資源を持つ技術立国として世界に君臨しようとしている。

彼らにとって温暖化対策は、以上を進めるための科学政策の一つである。日本は、だれも石油ピークの意味するところを実感していない。日本の温暖化対策は、石油ピークの危機感から出たものではない。

2005年に石油生産は頭打ちになっている。つまり石油ピークはすでに訪れている可能性がある。2004年の石油価格高騰、2008年のリーマンショックは、この石油ピークが原因であると解釈できる。欧米の有識者はこの解釈を理解できるだろうが、日本人は誰一人としてそうは考えない。

日本人にも石油ピークを理解している人はいる。しかし彼らは目先の技術でなんとか克服しようと考えている。つまり部分でしかない解決策を実行することが、生きるモチベーションとなっている。今日本に必要なことは、石油ピークの意味するところを真剣に考え、日本が崩壊しないための手段を考えることである。技術開発といった部分的なことは、そのずっと後である。

この会では、日本が崩壊しない手段は何かを考える
。また石油ピークの真の理解者を増やす。
あらゆる手段で情報交換を行い、その輪を広める。インターネット、Face bookなどを利用して情報交換を行い、その輪を日本中に広める。(文責 大久保泰邦)
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-05-21 08:38 | これからの日本

「温暖化と思考停止」 

「温暖化と思考停止」  浅 野 純 次さん (経済倶楽部理事長、元東洋経済新報社長) (経済倶楽部講演録、2010 .3)

▼1月末、秋田県経営者協会、秋田・大館両経済倶楽部のお招きで秋田、大館を訪れました。講演では「絆」の経営的意味に若干触れたのですが、コンサルティングで日本中を回っている知人の話では、経営がうまくいっていない会社はどこも社内の絆がうまくいっていない(縦割り組織)か、外部との絆が不十分(顧客軽視)かだそうで、後者はCS、ES、三方よしの原点に帰るのみです。トヨタが公聴会で攻められているのは多分に魔女狩りの趣ですが、問われていたのは内部、外部両面での「絆」だったのかもしれません。

秋田は例年になく雪が少なく(ただし12月はたくさん降ったとか)、むしろ雨続きでした。経営者協会の新開会長、高野専務理事も「雪はいくら降っても慣れているけれども、雨は朝凍って滑るので怖い」と。それにしても、1月の秋田の雨にはつい「これも温暖化か」と言ってしまいそうですが、実は過去10年間はむしろ寒冷化現象が続いています。

▼温暖化といえば、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告書
は日本では絶対的なものとして受け取られています。しかし「20世紀後半の世界的温暖化のほとんどは温室効果ガスの増加によってもたらされた可能性が非常に高い」という有名な一文にしても、ほとんど (most of the global warming)とか 可能性が非常に高い(is very likely due to)とか「科学的」とは言えない表現が並び、しかもその根拠はあいまいです。まあ政治的文書と考えればいいのでしょうが、それなら日本も政治的に対応しなければいけません。

▼ヒマラヤの氷河が毎年470億トンも消えていて、温暖化で融解が加速しているという記事
がありました(「毎日新聞」2月6日)。でも専門家は「氷河が溶けているのは、90%までがインドから飛んでくる黒い炭素の煙霧質か煤(すす)のせいだ」と言っています。なんでも温暖化というのは思考停止で、古今東西だまされるのは大抵が思考停止状態の思い込みからです。

▼温暖化が世界的大問題になったきっかけはゴルバチョフのアイデアだという
説があります(ワート『温暖化の発見とは何か』)。冷戦に代わる飯の種が必要だったというのです。よくわからなかったら、それで誰が得をするか考えよ、というのは定説です。オバマ政権の善意を疑うのは畏れ多いことですが、でも自動車、電池、バイオマス=食料、原子力業界がグリーン・ニューディールで元気をもらっていることは否めません。

▼それ以上に「得をする」で気になるのは、排出権取引です
。二酸化炭素削減目標を達成できなかったら、余裕のある途上国に「罰金」を払って相殺するというおかしな制度で、実質的な削減にはなんのメリットもありませんが、これで損をするのは日本、得をするのは途上国とロシア、イギリス、アメリカでしょう。

▼日本だけが割を食う90年基準に馬鹿正直に従う
。90年基準なら欧州各国は痛くも痒くもないし、英米は排出権という金融商品の取引で大儲けできると手ぐすね引いています。何兆円も「温暖化対応先進国」の美名のもとにおだてられ、たかられる日本と、排出権という商取引でむしろ日本に恩を売ったと胸を張るであろう途上国。日本国民の税金からそんな無駄金を使い、日本企業の競争力を殺ぐ方向へ日本を誘導することこそ、外国からすれば「外交」なのです。黄門様の印籠ではあるまいし、「温暖化」の前でヘヘェッと思考停止に陥るより、エネルギー、食料確保に全力を挙げ、日本の森林を活かすことにカネを使ったほうが、よほど子孫への贈り物になるのではないでしょうか。
----------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-04-01 12:15 | これからの日本

限界に来た指数関数的な成長

有限地球で、人類は物的に無限成長できる筈はない。年率何%の成長とは指数関数的成長のこと、巨大化した経済の1、2%増でもその正味で極めて巨大だが、エコノミスト、企業家そして政治家などは、これでも低成長というようである。

「成長は正義」となったが、それを支えるため人類の資源・エネルギー消費は20世紀の間、伸び続けたのである。特に最近の四半世紀の伸びは、もう異常と言って良い程である。石油の消費量はまさにウナギう登り、これが人類の物質的急成長を支えた。

人類はこの「異常を当たり前と思う」ようになった。感覚が麻痺したとしか言いようがない。その頂点がアメリカだが、その世界最大の経済大国は巨大な債務国、これを日本などが支えている。アメリカは世界の資金を集め、膨大な地球資源を消費して成長を維持してきた。

そしていま中国がその後を追っている。 が、「成長は正義ではない」。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-03-25 21:56 | これからの日本

「石油を代替できるエネルギーなど存在しない」- 原発も自然エネルギーも魔法の解決法ではない

「もったいない学会」の評議員、山本達也さんによる、インターネットメディアJbPressの記事です。

「ブラジルの国営石油会社ペトロブラスのガブリエリ最高経営責任者(CEO)は、2009年12月、「今がまさに石油供給のピークだ」という認識を示した。既存油田の減退分を補うだけでも、今後2年ごとに新たなサウジアラビアを発見し続けなくてはならず、これは実質的に不可能だとする見解である。・・・・・・・」

そして会員からの「つぶやき」を2件
”石油減退になると、このままでは一番困るはずの日本の石油会社、石油関連団体は、石油ピークを言わない、従って、打つ手を考えない無責任さ。過去に成功した「技術イノベーション」を神のように信じて、石油ピークを無視して「地球温暖化論」をよりどころに成長型経済を突進する日本為政者は、太平洋戦争によるクラッシュを想起しないのでしょうか。”

”再生か破滅か-「新聞・テレビ」-断末魔(週刊:東洋経済 2月20日)という、過激な特集号を思い出します。もう既存メディアはインターネットに主役を奪われつつあるのか。それも自業自得では、自分で考えない、考える力のない日本の在来型メディア、発表ジャーナリズムの、「終りの始り」なのでしょうか。”

以上、
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-03-17 14:58 | これからの日本

「量」より「質」で石油を語ろう! 新しいメディア「JBPress」(日本ビジネスプレス社)コラム

「量」より「質」で石油を語ろう! オイルサンドも深海油田も 「割に合わない」エネルギー
山本達也(もったいない学会評議員、名古屋商科大学準教授)

「もったいない学会」がかねてから主張している「質」の問題「EPR」の重要性を1人でも多くの人に知ってもらえればということで書いたものです。「JBPress」の編集者の方は、「コトの重大さ」を理解してくださいました。マスコミの方々も徐々に我々の主張に耳を傾けてくださるようにな りました。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-02-09 09:07 | これからの日本