小泉純一郎さんの次男世襲:最近最もがっかりしたこと

自民党をぶっ壊す、といって喝采を浴びた元総理、小泉純一郎さん、最後に次男に世襲させると言った。これには驚いた、そしてやはりと落胆した。何故ならこれが最も自民党政治家らしい発想だから。

改革無くして成長無し、多くの功績もあったが、アメリカ追従の罪は大きい。金融工学、マネーゲームで労せずしてもうける市場至上主義、それを竹中平蔵氏は、まるでアメリカ財務省の日本部長のように推進した。それが今本家アメリカで、音を立てて瓦解しつつある。「虚の世界」が崩壊したのである。英語の上手な人にはご注意を。 麻生さんも英語がご自慢のようだが、その言や軽し、国連総会でのことである。

対して「実の世界」とは「エネルギー、食料」のこと、文明とは結局のところ、それをその構成員に配る仕組みである。格差社会とは、それを一部のみに集める仕組みのことである。政治家の世襲、地盤の贈与とはそのような意味を持つ。

残念なことであったが、小泉さんとは結局のところ、格差社会、権力構造を温存、踏襲する人であったのか。如何であろうか、次男を別の選挙区から出させたら。因みに私は神奈川県民、それなら文句は言わない。 しかし振り返って思うに、本来これは国民の見識が問われていること、何代も同じ家系に投票するほうにも問題がある。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-09-28 08:57 | これからの日本
<< 現代文明の潮流が変わる:トヨタ... 意識改革が必要な自民党:石油ピ... >>