ゴア元副大統領と「原発利権」: 週刊朝日(8月15日)

最近、週刊朝日(2008年8月15日)が興味ある記事、5ページ、を掲載した。題は、
”ゴア元副大統領と「原発利権」”。 そして大見出しは”地球温暖化問題、CO2削減は原発推進の口実なのか” である。

記事の太字の解説には、
「地球環境保護という誰にも批判できない絶対正義のウラで一部の企業と人たちが莫大な利益を得ようとしている。地球温暖化防止がいつの間にか「原発推進」にすり替わった。国際エネルギー機関の試算によると、CO2削減の目標達成のためには年間32基もの原発新設が必要だという。この儲けはいったい誰が分け合うのか」 とある。

そして小見出しをそのまま列記すると「反対から容認に変わったゴア氏」、「原発の売り上げは5倍に膨らむ」、「投資指摘するとGE株を全て売却」 となる。
最後は、「・・・本誌は米テネシー州ナッシュビルにあるゴア氏の事務所に取材を申し入れた。だが再三延長したにもかかわらず、結局、回答はなかった。ゴア氏は自らの”不都合な真実”について、雄弁に語る日は来るのか。(本誌・金子哲士、柳沢大樹)」 と結んであった。
以上ご参考まで。
b0085879_217520.jpg

b0085879_2073448.jpg

[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-08-13 21:05 | これからの日本
<< 北京オリンピック: 開会式は偽り 「The Last Oil S... >>