やっと終わったG8サミット、後に何が残ったのか

606億円も使ったというG8サミット洞爺湖の「霧の中」で終わりました。
日本でもあまり評判が良くな いようですが、せめてもの救いは、日本は国際優等生ブリしない、出来なかった、 で外国に国益を損なうコミットをしなかった。 お金をばらまかないですんだ、さすが福田さん、かっての名官房長官、そつなく纏めた。 ほとんどが自然現象と知れた地球温暖化、国民に大きな付け、負担を残さないですんだ。 もう過去のブッシュ大統領、上機嫌ではしゃいで いた、楽しかったのでしょう。

ポストサミット、これからが「もったいない運動」の本番でしょう。最近、急速に車渋滞が減っています、背に腹は代えられないのでしょうが、いまこそ本当の科学、正論が必要です。食料の高騰は庶民の生活を直撃しています。真の理念が必要ですが、それにはメディアの協力、特に TVが大事です。 が、これが難物、至る所に固陋の「わかったつもりのリーダー、著名な有識者、家庭教師」が付いて離れない、「善意」の世論操作、誘導をするのです。 しかし迫り来る現実が、そのような惰性をもう許さない。庶民はそれほど愚かではないのです、歴史がそう教えます。

石油ピークは、現代文明の根本的な改革を求めています。すでにその萌芽は現れています。たとえば、バスが鉄道レールを走るなど。
b0085879_1328515.gif

b0085879_1328224.jpg

これはDMV(Dual Mode Vehicle)といいます。 すぐ役に立つ楽しいし技術、イノベーションでは。
b0085879_13384781.jpg

如何です、可愛いでしょう、北海道です。このような技術こそが、これから望まれます。 JR北海道とトヨタです。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-07-10 12:38 | これからの日本
<< イランのミサイル発射とペルシャ... せめて「ハンヨミ」 して欲しい... >>