温暖化より怖い「エネルギー・食料不足」:低エネルギー・もったいない社会を

地球温暖化対策が「脱炭素」に偏りすぎ、論理的な対策が立たないようである。 IPCCのいう温暖化、過去100年間、は事実だが、その原因のかなりの部分は自然現象であると、最近ようやく、一部の科学者が非難をおそれず語りだした。

本来、温暖化対策は低エネルギー社会を目指すべき、脱浪費社会、もったいないと思う社会を目指すべきなのである。そうすれば二酸化炭素排出量も自動的に減り、自然と共存する未来社会の展望も開けよう。
それを温暖化産業を、環境技術で経済成長をなどと考えるから、おかしくなるのである。 マネーがすべての社会を、さらに助長しようとするからか。最近のウナギ、牛肉の産地偽装、老舗吉兆の反社会性など、日本がおかしいが、それもマネーの成長、売り上げの伸びを無理強いするからではないか。マネーは心を蝕むようである。

すでに十分に巨大な経済規模である。それを年率%で成長し続けることなど有限地球ではあり得ないことである。こんなことは、少し冷静に自分で考えればわかる筈である。温暖化、食料、原油高騰、投機資金が石油に、資源の高騰、テロの頻発など、問題山積だが、これらは基本的に同じルーツにある。それが石油ピーク、地球は有限、自然にも限りがあるからである。 そして資源、自然の恵みとは「質がすべて」、と理解すると、現代の「人類問題」のすべてが見えてくる。
日本では理科教育が足りないと学識経験者、リーダ達はいうが、本当に欠落しているのは、「このようなこと」なのでは。

環境ですら経済成長、商売に利用しようとする。 穀物、食べ物をバイオ燃料として車に食べさせるなどは、もったいない、罰が当たるのでは。 最近、行き過ぎたIPCCの警告を科学的に見直す動きがある。下図はアラスカ大学、赤祖父さんによる、化石燃料と温度変化(世界平均と北極圏)、じっくりご覧になると矛盾がお分かりになる。
b0085879_758854.jpg

[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-08-24 07:47 | これからの日本
<< スモッグに守られ、203高地か... CO2の地下貯留より、「低エネ... >>