「誤った地球温暖化論に惑わされないために」:赤祖父氏の新著

「正しく知る地球温暖化:誠文堂新光社」という本を、アラスカ大学の赤祖父俊一教授が「洞爺湖サミット」に合わせて出された。そのサブタイトルが題記、件名である。
その趣旨は、日本が間違った科学に踊らされて「非合理で不利なコミット」をしないように、との憂国の書でもある。東北大学地球物理学科卒、長年オーロラ、北極圏研究で知られる氏は、地球温暖化は事実である、だがその原因についてIPCCの見解は科学的でない、間違っていると述べるのである。

過去100年間の気温上昇、0.6度の大半、6分の5程度は小氷期時代からの回復過程のため、6分の1程度0.1度が人間の二酸化炭素排出によるとする。豊富な地球科学的な資料、データを駆使しての解説はわかりやすく、科学的に納得できる。温暖化を論ずる人の必読の書であろう。 無駄に税金を使用させない、意味のない温暖化対策に巨額投資しない、世界にお金をばらまかない、温暖化産業なども無意味、無駄、もったいないと、わかってくる。

外から見る日本は、いまも欧米追従で自分で考えない。強かな国際力学で幼稚で危ういと心配され、「IPCC議長国のインドに手本を示してください。日本はそれによって独自の方針を決めます」でよいではないか、と述べるなど読み物としても面白い。

赤祖父さんは、もったいない学会のサロンでも講演しておられ、映像でみられます(会員PWが要りますが)。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-06-29 09:16 | エネルギー、環境
<< 温暖化問題と食料危機は同じルー... 古い家電を使うのは、もったいな... >>