「ほっ」と。キャンペーン

舵を切り始めた国際社会:地球温暖化より、世界的な食糧危機

食料の価格高騰、不足が、現実の人類最大の問題となりつつある。その理由は2つである。
1)石油ピークは農業ピークである、
2)人が車に食料を奪われつつある、

からである。

既に石油価格はバレル120ドル圏で乱高下している。そしてトウモロコシなど、本来の食料が車の燃料に急速に投入されるからである。だからと言って植物繊維ならよいとはならない、土壌劣化をもたらすからである。

温暖化で人は死なない、しかし食料がないと人は死ぬしかない。既に極貧のアフリカなどで大勢の人が飢えている、だがこの流れは止まらないであろう。理由も簡単である、その方が儲かるからである。マネーが全ての「大量車社会」、現代人の業とでも言うべきか。
地球温暖化が全てではないのに、連日のメディアによる温暖化、二酸化炭素の大キャンペーン。洞爺湖サミットに向けての使命感だろうが、「わかったつもり」の善意ほど困ったことはない。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-04-24 11:10 | 新しい文明の構想
<< 朝日新聞の社説:「人類の足場が... 温暖化排出権取引で、世界の餌食... >>