温暖化排出権取引で、世界の餌食になってはならない

排出権取引で欧米、国際社会の餌食となってはならない。今でも苦しい国民生活、暴騰する食料、生活費など、このうえ世界からむしり取られては日本が崩壊する。

地球温暖化が大変だから、二酸化炭素を減らそうではなく、石油がもう乏しい、石油ピーク後の生活をどうするかの方が遙かに重大である。それには「もったいない」、脱浪費が欠かせないが、これこそが最も合理的な温暖化対策である。

浪費社会は石油が支えた、これに限界が見える。だから石油を無駄に使わない、が本筋で、大量消費社会が石油の大量消費を招いている、それには減量:3RのReduceしかない。

石油はままだ未だある、と思って二酸化炭素を減らそうとする、だからエネルギー消費がむしろ増える、当然二酸化炭素排出量は増え続ける。有名な「ジェヴォンズのバラドックス」である。
これを排出権取引、お金で払うなど、大変な間違い、省エネの進んだ日本が今まで努力しなかった国々に、むしり取られる構図、それをマネーゲーム、金融工学でとなるが、またお人好しの日本が損をするのは目に見えている。しかも地球全体で二酸化炭素が減るわけでもない、つけ回しに過ぎないのである。

繰り返す、温暖化が全てではない。朝日新聞4月6日の「南極変色」の一面トップ記事も注意して読む必要がある。これは半世紀の気温上昇を語るが、その前の気候変動の歴史を語っていない。地球は常に変動する、これが地球科学の常識である、今の理科では教えないようだが。

更に注意すべき事がある。それは朝日新聞の記事は、南極ですらという印象があるが、ここは南極半島である。
アラスカ大の国際北極圏研究センターによると、この半島は南極大陸と環境は異なり、シベリアやアラスカのツンドラ地域に類似するという。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-04-07 09:32 | これからの日本
<< 舵を切り始めた国際社会:地球温... 温暖化より怖い「石油ピーク」を... >>