京都議定書はヨーロッパに騙された:テレビ朝日の田原総一郎氏

1月20日、テレビ朝日のサンデープロジェクトでキャスターの田原総一郎氏が、日本は京都議定書でヨーロッパに騙されたと述べた。その意味は、かって東ドイツなどの旧ソ連圏、二酸化炭素を大量に排出する高エネルギー産業社会を取り込んだ西ドイツ、西側のヨーロッパ勢に対して、世界でもっとも省エネが進んだ日本は基準年1990年は大変に不利である、ということである。

1997年、京都議定書策定の当時、私は立場上、一科学者として京都国際会議場にいたが、この会議は国際政治力学、国益のぶつかり合う場と思ったものである。今回のテレビ番組での田原氏の見解は、国際政治力学ではむしろ当たり前なのだが、今までそれは言ってはいけないタブーだった。

だが誤解のないように言っておく、地球温暖化はどうでもよいのではない、国益の視点を忘れないようにと言っている。「エコ」は「エゴ」でもある。最近の再生紙偽装と同じことが、国際政治の渦巻く地球環境問題でもありうる、騙されるなと田原氏はいっているのだろう。
素朴すぎる一元論的な環境論は、もう止めにしたい。かってのダイオキシン騒動を思い起こせば、その意味が理解されよう。多くの環境、省エネ技術にはかなりいい加減なものがあるが、これは国際政治においても同じである。「環境」に騙されないこと、そのためには「本当に科学的に徹底して考え抜く」ことである。

ようやく最近、経済産業省もそれに気づいたのか、公に1995年を基準とすると、日本とヨーロッパの立場か逆転すると述べている。これでは遅いのである、いつもながら。自分で考えない日本だが、もう欧米追従はやめないと、ポスト京都の国際的な戦略が立たない。温暖化はエネルギー問題そのもの、その合理的な対策には「脱浪費」が大前提となる。

拙著、「石油ピークが来たー崩壊を回避する<日本のプランB>」(日刊工業新聞、2007年)に、このことを「石油ピーク」と共に詳しく述べたつもりである、ご参照下されたい。田原さん、石油ピークも勉強してください、これはもっと大事です。 
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-01-20 13:48 | エネルギー、環境
<< 真昼の赤い太陽: 凄まじい環境... 日本衰退論に思う:イノベーショ... >>