NHKテレビ番組「地球特派員」を見て:温暖化は「浪費の結果」なのだが

考えがあって、再掲載します。正月、NHKの「地球特派員」なる番組を見た。今日本を代表する「評論家」寺島実郎氏の仕切る、「榊原、金子氏など、いつもの著名人」が出演した温暖化を論ずる番組だったが、いつものことだが、また失望した。
今度はアメリカではなく、ドイツ、ヨーロッパ一辺倒なのである。温暖化の脅威は強調するが、地球が有限とは思わない。そして水素、燃料電池は二酸化炭素を出さない、などいう番組だが、石油ピークには全く触れない、おそらく理解しないだろう。
この石油はまだまだあるとの前提での温暖化論は、論理矛盾するとも思わない。どうして日本はいつもこうなのか、自分で考えないのか?社会を導くべきリーダが、先ず冷徹な科学的合理性を欠くのである。

自然エネルギーについても、エネルギー収支比、EPR(energy profit ratio)の視点がない。水素は何かの一次エネルギーから作る必要があるとも思わないようだ。これでは無邪気すぎる。
いつもの「わかったつもり」のエネルギー、経済、環境論だが、脱石油文明の視点を欠くのである。温暖化の脅威は繰り返すが、日本にとってより怖ろしい、今そこにある現実の石油ピークの脅威については全く語らない、語れない知らないというべきか。アメリカ、中国での環境ビジネス論も突込みがたりない。これもエントロピーの法則がわかっていないからであろう。

NHKは国民の公器、もっと本気で考えてほしい。画一的で、均一な視点では脱石油時代の激動についていけない。時折は家庭教師を代えることである、論理の多様性のためには意識して変えないと、日本中が金太郎飴のようになってしまう。

原油価格が正月にはバレル100ドルとなった。今までと何か違う、おかしいと思いませんか。一色に染め上げる社会は危ない、何も見えなくなる。このようにして日本は繰り返し失敗した、太平洋戦争突入もそうだった。 
[PR]
by tikyuu_2006 | 2008-05-28 03:22 | これからの日本
<< 「わかったつもりの人々」と新ニ... 中東に石炭火力発電の計画が >>