クローズアップ現代、「地球を救え、環境革命の提言」:L.ブラウンの楽観論

5月24日「クローズアップ現代」に、著名な環境運動家であり温暖化脅威論のL.ブラウンが出演し、持論の技術万能的な楽観論:PlanBについて熱弁した。意外と思われようが、彼は経済成長主義者、これが絶大な人気の秘密である。
北欧の風車を例に上げ、経済発展と温暖化対策は両立するというが、人口1.3億人、経済が遥かに巨大な、工業国日本にそのまま適応するとは思えない。

PlanBといっても色々である。ブッシュ大統領のエネルギー顧問、M.シモンズは石油ピーク論に基づいて、悲観的なPlanBを主張している。彼はエネルギー投資銀行のCEOであり、その著「Twilight in the Desert」で、サウジアラビアの石油の黄昏を警告する。最近、日本語訳も出たようである、妙な日本語のタイトルだが。中国、ドイツ語版は既に出ている。中国を侮ってはならない、彼らは石油ピークを知っている。
そして私には、日本の自然と共存する「もったいない:PlanB」がある。21世紀の生存に、万国共通の万能薬はない、と理解すべきである。

ブラウンの技術的楽観論には、異論も多いのだが、NHKはブラウン礼賛に終始した。真面目な番組だけに本当に「もったいない」。流行の「地球を救え」も気になる、それは人の思い上がり、今危ないのは人間の方だからである。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2007-05-25 00:18 | これからの日本
<< 2005年、サウジと世界が同時... 「石油ピーク」も知らずに、21... >>