懸念される世界の「石炭ピーク」:それは中国の生産ピークからか

Party's Over の著者として知られるR.Heinberg最近のMuseletterで石炭資源量が今まで思っていたほど多くはないとする、ドイツのEnergy Watch Group の分析結果を紹介している。
そして石油、天然ガス、そして石炭をも含めた「化石エネルギーピーク」が来ると述べ、世界はこの重大な事態に備えるべきと警告する。
特に中国では今後5~15年以内に石炭の生産が頭を打ち、その後急な減退期に入る、それは世界の石炭ピークを意味するというのである。
人類はそんなに早く、前門の虎:石油ピーク、後門の狼:石炭ピークを迎えるのだろうか、日本はそれにどう備えるのか。残念ながら、そのような姿勢は全く見えない。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2007-04-01 21:24 | エネルギー、環境
<< 世界の「石炭ピーク」は2025... 会社は誰のものか:マネーが全て... >>