会社は誰のものか:マネーが全てではない!

会社は株主、従業員、取引先、そして消費者、関係するステーキホルダー全てのもの、「ハゲタカ」続編の「バイアウト」の主張、著者は真山仁である。
この当たり前が、今の日本で忘れられている。アメリカのように株主のものと言ってよいのか、そうではないとさわやかである。当たり前だが、会社は社会あってのものでは。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2007-03-31 22:14 | これからの日本
<< 懸念される世界の「石炭ピーク」... 平均地殻熱流量から見た日本の地... >>