地球の石油埋蔵量を、富士山の枡で計ったら何杯分?

地球は有限である石油資源にも限りがあるのだが、この「当たり前」が理解されない、エコノミスト、技術万能の人は特にそうである。
この石油だが、ほぼ2兆バーレルが人類が使える資源量とされる。これがEPRから見て合理的なもので、この内1兆バーレル程度を人類は使った。残り半分は条件の悪いEPRの低いものばかり、と見られる。

そこで質問、2兆バーレルを富士山を枡として計ったら何杯か? あるメディアの記者は1000杯と答え、それも少なめのつもりと言った。そこで皆さんは?

答え、2兆バーレルは、富士山の体積の23%程度、一杯分もない。如何であろうか、多い少ない? そして人類はもう半分つかった、つまり残りは富士山の10%程度なのだ。
--------------------------------------------------------------------------------------




---------------------------------------------------------------------------------------







[PR]
by tikyuu_2006 | 2007-02-05 10:34 | ご存知ですか?
<< 少子化は、そんなに悪いことなの... 車に食べ物を奪われてはならない... >>