「ほっ」と。キャンペーン

もったいない:出来ることは目の前に―その2

石油ピークは常温で流体燃料の問題です、先ず運輸に影響が来るのです。そこで車に出来るだけ乗らない、相乗りする、短距離は歩くなど、出来ることは目の前にあります。
そしてもう一つ、石油ピークはグローバリゼーションを直撃します、船賃が上がるからです。
日本の地域で作られる生鮮食料をできるだけ買いましょう。それが地域の復活、コミュニティーの再生、人の心の繋がりを促すでしょう。
「もったいない」運動は、成長至上の拝金主義で失われた、日本の心を取り戻すきっかけとなる筈です。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2006-12-31 10:12 | 新しい文明の構想
<< NHKーBS1の大晦日番組「エ... 石油ピークは枯渇ではない:脱石... >>