食料自給率40%は低すぎる:内閣府の国民意識調査

食料自給率に関する内閣府の調査結果が、各紙に報道されました。日本経済新聞の例をご覧下さい。

 自給率の低さは国民の大きな関心事ですが、「地球が有限」、「石油ピーク」は「農業ピーク」そして「現代文明ピーク」の視点がない。残念ですが、これが日本の現状であり、問題なのです。

1)食料自給率「低い」、47%に拡大
 内閣府が21日発表した「食料の供給に関する特別世論調査」によると、現在40%の食料自給率を「低い」とした回答が47%とほぼ半分を占め、2000年7月の前回調査時点より14.1ポイント増加した。望ましい自給率は「60―80%」が49%に上り、これを含め全体の回答者の8割近くが現状を上回る水準への引き上げが望ましいとみていることがわかった。
 調査は全国の成人男女3000人に実施、回収率は57.6%。将来の食料供給に「不安がある」としたのは76.7%、不安の理由(複数回答)は「国際情勢の変化で、食料や石油などの輸入が止まる」(61.6%)が最多。「食料増産の限界」(56.5%)、「異常気象、災害による不作の可能性」(56.2%)が続いている。
 自給率向上に必要な施策としては、「国産農産物の消費促進」(37.5%)、「消費者ニーズにあわせた国内生産の拡大」(36.7%)などが挙がった。 (21:43)
2)調査の設問は次の通り
我が国の将来の食料供給について不安と考える理由(複数回答)
平成12年7月 平成18年11月の比較
・国際情勢の変化により,食料や石油等の生産資材の輸入が大きく減ったり,止まったりする可能性があるため
43.7%  61.6%
・長期的に見て,地球環境問題の深刻化や砂漠化の進行などにより,食料の増産には限界があるため
48.6%  56.5%
・異常気象や災害による内外の不作の可能性があるため 46.0%  56.2%
・世界の人口が急激に増加する等により,食料に対する需要が大幅に増加するため
31.1%  29.4%

石油ピーク」は「農業ピーク」そして「現代文明ピーク」
日本工学アカデミー・科学技術戦略フォーラムはそう社会に訴えます。地球は有限、人類は無限成長は出来ない、人類の生存基盤は近年とみに劣化している、問題の本質はここにあります。だがこれが理解されない、市場、技術至上主義のためでしょうかそこで100万人の国民運動、「もったいない学会」を皆さんと創りました。

そして本も出しました、「石油最終争奪戦」、日刊工業新聞です。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2006-12-23 10:15 | 石油ピークとは
<< 石油ピークは枯渇ではない:脱石... もったいない:出来ることは目の... >>