サンフランシスコは石油ピーク決議を可決する最初のアメリカ市に

(参考までに機械翻訳を添付しますが、かなり不完全です)
San Francisco Becomes First U.S. City to Pass Peak Oil Resolution

Campaign by Local Activists Persuaded Board of Supervisors of Looming Energy Crunch; Landmark Initiative Urges Development of ‘Action and Response Plan’
地元の活動家によるキャンペーンは、監理委員会に迫っているエネルギー危機を納得させました;画期的な率先は、『行動と反応計画』の開発を強行します

San Francisco, CA (PRWEB) April 14, 2006 -- San Francisco on Tuesday became the first U.S. city to pass a resolution acknowledging the threats posed by peak oil, urging the city to develop a comprehensive plan to respond to the emerging global energy crunch.
サンフランシスコ(CA(PRWEB)2006年4月14日)−サンフランシスコは、火曜日に、石油ピークによってもたらされる脅威を認めていて、都市に新生の世界的なエネルギー危機に反応する包括的な計画を作成するよう主張している決議を可決する最初のアメリカの都市になりました。



The resolution (http://www.sfbayoil.org/sfoa/media/SFOA_Peak_Oil_Resolution.pdf) which won unanimous support by the Board of Supervisors was sponsored by Supervisors Ross Mirkarimi, Jake McGoldrick, Sophie Maxwell and Chris Daly. It cites an influential study commissioned by the U.S. Department of Energy, known as the Hirsch Report (http://www.mnforsustain.org/oil_peaking_of_world_oil_production_study_hirsch.htm), which raises concerns about the nation’s ability to avert a major crisis from the peak and decline of oil production.
主任の委員会によって一致した支援を得た決議(http://www.sfbayoil.org/sfoa/media/SFOA_Peak_Oil_Resolution.pdf)は、ロスMirkarimi主任、ジェイクマクゴールドリック、ソフィマクスウェルとクリスデーリーが後援しました。それはアメリカエネルギー省によって依頼されて、ハーシュレポート(http://www.mnforsustain.org/oil_peaking_of_world_oil_production_study_hirsch.htm)として知られている影響力のある調査を引用します。そして、それはピークから主な危機を避けて、石油生産の落ちる国の能力に対する懸念を引き起こします。

The measure comes on the heels of an increasingly effective grass roots campaign by groups such as San Francisco Oil Awareness, Post Carbon San Francisco, and SF Informatics, who have sponsored mailings and meetings targeting Bay Area elected officials for more than two years. San Francisco has been making strides in the area of energy independence, energy watchdogs have reported. According to a year-long study by Sustainlane.com using over 600 data points, San Francisco is the city third best able to cope with an energy crisis.
処置はグループ(例えばサンフランシスコOil Awareness、ポーストCarbonサンフランシスコとSF Informatics)によってますます効果的草の根キャンペーンにすぐ続いて来ます。そして、その人は2年以上間の当局に選ばれるベイエリアを目標としている郵便と会議を後援しました。サンフランシスコはエネルギー独立では進歩していましたと、エネルギー監視者が報告しました。600以上のデータポイントを使っているSustainlane.comによる一年間の研究によると、サンフランシスコはエネルギー危機に対処することができる都市第三位です。

Michael Poremba, spokesman for SF Informatics, congratulated the Supervisors on their action Tuesday. “We are thrilled to see the city finally acknowledging the peak oil issue,” Poremba said. “Our society runs on oil, our economy runs on oil, and farsighted local governments should begin planning now--indeed years ago--for an era of declining supplies, because that era is starting now.”
マイケルPoremba(SF Informaticsのスポークスマン)は、火曜日に主任に彼らの行動についてお祝いのことばを述べました。「我々は、最終的に都市が石油ピーク問題を認めているのを見るためにぞくぞくします」と、Porembaが言いました。「我々の社会は油絵の具で動きます、我々の経済は油絵の具で動きます、そして、その時代が現在始まっているので、遠目の利く地方自治は — 本当に何年も前 — 現在供給を断る時代の計画を立て始めなければなりません。」

Citizen’s group San Francisco Oil Awareness played a key role in bringing the idea of a resolution in front of city officials. Members of the group, including Jennifer Bresee, Allyse Hartwell, Dennis Brumm and David Fridley, formed a committee promoting a draft resolution discussing the issue with officials on the Board and at other venues.
市民のグループサンフランシスコOil Awarenessは、市役所職員の前に決議についての考えを持ってくることで重要な役割を演じました。グループ(ジェニファーBresee、 Allyseハートウェル、デニスブラムとデイビッドFridleyを含む)のメンバーは、委員会の上で、そして、他の会場で問題について当局と話し合っている決議案を促進している委員会をつくりました。

Local peak oil activists have been gaining wider recognition in recent months as the topic has gained traction in the media and in the U.S. Congress, where Congressman Roscoe Bartlett introduced the first-ever “peak oil resolution” and formed a caucus to study the issue. Members of the SF Post Carbon group were featured in a recent article in Salon.com http://www.salon.com/news/feature/2006/03/22/peakoil/index_np.html surveying the growing movement.
話題がメディアで、そして、アメリカ大会で牽引を得て、地元のピークの油活動家はここ数ヵ月により広い認知を得ていました、そこで、連邦議会議員ロスコーバートレットは初めての石油ピーク決議」を導入して、問題を調査するために幹部会を作りました。SFポーストCarbonグループのメンバーは、発達する運動を調査しているSalon.com http://www.salon.com/news/feature/2006/03/22/peakoil/index_np.htmlで、最近の冠詞でフィーチャーされました。

Among the high-visibility tools used by the groups is a colorful poster called The Oil Age, created by SF Informatics in association with Global Public Media. The poster traces the history of oil production worldwide and displays relevant energy statistics from the U.S. Energy Information Administration, BP Statistical Review and other industry sources. The poster was hand delivered to dozens of Bay Area elected officials in January, including the San Francisco Board of Supervisors, The Department on the Environment and the Commission on the Environment.
Oil時代と呼ばれていて、Global Publicメディアに関連してSF Informaticsによって作成されるカラフルなポスターは、グループによって使われる高い可視性ツールの一つです。ポスターは世界中で石油生産の歴史をたどって、アメリカEnergy Information Administration、BP Statistical Reviewと他の業界筋から関連したエネルギー統計を示します。ポスターは、主任のサンフランシスコ委員会を含む1月、Environmentの上の部とEnvironmentの上の委員会の当局に選ばれる何十ものベイエリアに届けられる手でした。

“The poster is a great way to open up city officials’ doors,” said David Fridley, a scientist with the Lawrence Berkeley Lab and a member of San Francisco Oil Awareness. “It’s a very effective passport into the halls of power because of its polished and professional quality.” Co-member Jennifer Bresee agrees, “Plunking down this poster in front of a supervisor is a lot more effective than trying to explain it in words alone,” she says.
「ポスターは、市役所職員のドアを開けるすばらしい方法です」と、デイビッドFridley、ローレンスバークレーLabをもつ科学者とサンフランシスコ Oil Awarenessのメンバーが言いました。「それは、その磨かれて専門の品質のため、力のホールへの非常に効果的パスポートです。」と、Co- memberジェニファーBreseeが同意します、「監督の前にこのポスターを放り出すことは、単独でことばでそれを説明しようとすることよりもっとたくさん効果的です」と、彼女が言います。

Copies of The Oil Age poster can be purchased at www.oilposter.org. To date, over 1,600 posters have been donated to teachers worldwide. And thanks to Congressman Roscoe Bartlett, the poster has been distributed to every member of the U.S. Congress.
Oil時代ポスターのコピーは、www.oilposter.orgで購入されることができます。現在まで、1,600枚以上のポスターは、世界中で先生に寄付されました。そして、連邦議会議員ロスコーバートレットのおかげで、ポスターはアメリカ国会のあらゆる議員に配布されました。

PDF of San Francisco’s Peak Oil Resolution available at: http://www.sfbayoil.org/sfoa/media/SFOA_Peak_Oil_Resolution.pdf
サンフランシスコのPDFは、利用できるPeak Oil Resolutionです:http://www.sfbayoil.org/sfoa/media/SFOA_Peak_Oil_Resolution.pdf

Robert L. Hirsch, R. Bezdek, R. Wendling, Peaking of World Oil Production: Impacts, Mitigation, & Risk Management, February 2005 (http://www.mnforsustain.org/oil_peaking_of_world_oil_production_study_hirsch.htm).
ロバートL.ハーシュ、R. Bezdek、R.ウェントリング(世界石油生産のピークに達する):影響、緩和と危機管理、2005年2月(http://www.mnforsustain.org/oil_peaking_of_world_oil_production_study_hirsch.htm)に。
***
About SF Informatics
SF情報科学について
SF Informatics represents a group of concerned citizens committed to researching and communicating critical ecological and societal trends worldwide. For more information: e-mail protected from spam bots. Poster ordering or donation information: http://www.oilposter.org.
SF Informaticsは、一団の心配している市民が世界中で重大な生態学的で社会の傾向を研究して、伝えることを約束することを表します。詳細な情報のために:電子メールは、スパムロボットから保護しました。ポスター注文または寄付情報:http://www.oilposter.org。

About San Francisco Oil Awareness
サンフランシスコ油認識について
San Francisco Oil Awareness works to raise awareness of the Peak Oil predicament with elected officials, neighbors, and friends. The group offers a framework for those who want to begin the difficult work of transforming our society to achieve as graceful a "Power Down" as possible. For more information http://www.sfbayoil.org/sfoa/index.html.
サンフランシスコOil Awarenessは、選択当局、隣人と友人とPeak Oil苦境の認識を上げることに取り組みます。グループは、フレームワークをできるだけ上品な「力ダウン」を達成するために我々の社会を変える難しい仕事を開始したい人々に対して提供します。詳細な情報http://www.sfbayoil.org/sfoa/index.html.のために
[PR]
by tikyuu_2006 | 2006-04-26 03:05 | 石油ピークとは
<< 21世紀型の交通機関、先行する... 現代文明を疑おう(その3) >>