「ほっ」と。キャンペーン

終焉する石油文明、日本列島で生きる民族の知恵

「終焉する石油文明、日本列島で生きる民族の知恵」
-脱経済成長、量より質、自然と共存、地方分散の低エネルギ-・脱浪費-
(2014/10/4 記)

先ず理解すべき「地球は有限、資源は質が全て」、「日本列島」とは
有限地球観、人類文明の一大変換期、自然の恵みで生きる、エネルギー・水・食料
石油ピークは人類史の変革、エネルギー基本政策の見直し、原発は止めるしかない
崩壊する資本主義、金融緩和の生んだ超格差と貧困、世界各地の紛争
政産官学の癒着、企業献金と政党助成金の矛盾、民の心の萎縮と無気力
いずれ来る関東震災、東京首都一極集中は国家の危機、備えは地方分権・分散
日本列島はユーラシア、北アメリカ、フィリピン海、太平洋の4プレートが交叉する大変動帯
東日本と西日本は別のプレート、その間がフォッサマグナという一大地溝帯、噴火した御嶽山はその西縁に、
b0085879_8595834.jpg

b0085879_9414291.jpg

------------------------------------------------------
権力に「言葉を奪われない」、「空気」に支配されない
論理的議論の萎縮、硬直する国家制度と風土、
思想的に徹底したものをもたない、欧米依存しない文化、史観、自己の確立、
論理的な分化と統合、グランド・デザイン、総合知と思考の戦略化
豊かな構想力、ダイナミックな思想、戦略、緻密な戦術分化
-------------------------------------------------------
求められる「組織の自己革新能力と創造」
自立、自然と共存、自然エネルギー、地産地消
真の適応能力、官僚組織は異端者を嫌う、既存知を疑う知識創造、
わかったつもりは無知に劣る、イノベーション:異端の知性を取り込む総合知、教養
もう手本はない自分で考える、当たり前の学習、棄却と自己否定の科学・技術
---------------------------------------------------------
「歪んだ日本の科学・技術研究」、巨額な国費とセット、産官学政の利権構造
原発、水素と温暖化危機論の共存、CCS、排出権取引より低エネルギー、脱浪費
環境問題としての温暖化危機論の非科学性、いま地球は寒冷化している、脱IPCC信仰
エネルギーはその質、EPR=Energy Profit Ratio:エネルギー収支比で判断すること、
これはEROI=Energy Return on Investment ともいう

次図は地球物理学者、元通産省地質調査所長、名古屋大学小川克郎名誉教授による研究成果、温暖化懐疑論と片付けないこと
http://oilpeak.exblog.jp/18328015
b0085879_985157.jpg

シェール革命はバブルだったのか、アメリカBakkenの例
b0085879_17271142.jpg

-------------------------------------------------------------------
下記ご参考、国土交通省北陸地方整備局ホームページより、
http://www.hrr.mlit.go.jp/matumoto/contents/sub/kantan/fusigebook/fusigi4.htm
フォッサ・マグナはラテン語で[大きい割れ目」という意味である。明治の初めに日本へやってきたドイツの地質学者エドモント・ナウマン(1854-1927)が最初にこれを発見した。
 日本列島を横断する大断層線であり、その西の縁は糸魚川(新潟県)から静岡にかけて走り、糸魚川・静岡構造線ともよばれる。西の縁の西には日本アルプスがそびえ立ち、この縁上の諏訪湖から西南へ向かう、日本のもう一つの大断層線である中央構造線もまたナウマンが発見したものである。フォッサ・マグナの東の縁は関東山地であり、したがってフォッサ・マグナの幅は数10kmである。フォッサ・マグナには約10kmの厚さの堆積物が堆積している。
 フォッサ・マグナの西の縁は糸魚川から姫川をさかのぼり、青木湖、中綱湖、木崎湖のいわゆる仁科三湖を経て松本盆地を通り、諏訪湖の南から釜無川に沿って南下し、甲府盆地の西の端から富士川を経て太平洋へ達している。飛騨山脈を赤石山脈の東の縁を走っているといってもよい。ここに出てきた湖や盆地はいずれも、フォッサ・マグナが沈降によって造られた地形であることを示している。その沈降が隆起に変わり、そこに火山活動が加わって現在のフォッサ・マグナができたのである。フォッサ・マグナに関係した火山としては、焼山・妙高山・黒姫山・浅間山・霧ヶ峰・蓼科山・八ヶ岳・富士山・愛鷹山・箱根山・天城山などがある。
そして今回、フォッサマグナ西縁で御嶽山が噴火。

b0085879_9275635.gif

=============================================

b0085879_1035965.jpg


----------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-10-04 08:03 | 新しい文明の構想
<< 太陽光発電買い取り制度、自然エ... 今年亡くなった「マヤ・アンジェ... >>