「石油文明が終わる、3・11後、日本はどう備える」、信濃木崎夏期大学

21世紀は「地方の時代」と言われます。私はその典型のような「信濃木崎夏期大学」で、去る2012年8月1日集中講義をする機会がありました。
風光明媚な長野県安曇野、北アルプスを望む大町市、その木崎湖畔の学堂で大正6年から毎年、今年で96年目となる夏期大学、周辺の小中学校、教育委員会、大町市の方々が、ボランティアで運営される大学は素晴らしい、とてもさわやかな地域の活動でした。私もとても勉強になりました。下記です、ご参考に、
http://www6.ocn.ne.jp/~kitakyo/index.html
第96回 信濃木崎夏期大学・石井吉徳先生の講座
http://3rxt0.blog24.fc2.com/blog-entry-788.html
b0085879_530540.jpg


この講座はその後、毎日新聞で大きく取り上げられました、2012年8月4日「特集ワイド」、「原発の呪縛、この国は何処へ行こうとしているのか」で、タイトルは「自然は有限、脱浪費を」と大見出し、内野雅一さんが逗子の自宅までインタビューして下さいました、 
http://oilpeak.web.fc2.com/pdf_files/mainichi012826.pdf

しかし信濃木崎夏期大学の次年度、2014年は東大、一丸節夫名誉教授による「環境三題:大気と海・生命・原子力発電」、つまりIPCCの地球温暖化危機説と原子力推進、核融合論のセットだった由。
--------------------------------------------------------------------------
[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-08-06 14:03 | これからの日本
<< Oil Supply Limi... 「21世紀に生きる君達へ」 >>