99%の反乱

現代文明、その大いなる歪
2014年3月)ウクライナの騒動、中東の不安定、日本の政治、経済、アカデミズムの展望の無さ、最近の理研STAP疑惑の若い研究者の早大博士論文でのコピペ、そして世界に広がる不安定要因、その根底にあるのは一体何か、2011年11月の3・11後の下記Blog内容、3年後も変更する必要がないようだ、むしろ再確認させられている、その根底には成長至上主義のマネーばら撒きは資源制約、有限地球下での社会格差の更なる拡大である。

2011年11月)ウォール街のデモ、社会指導層からの若者の離反、世界の不安定、擾乱の根本には現代社会,文明の大きな歪がある。図のような超格差社会、トップ1%のあまりの強欲、度が過ぎている。99%の不満、反乱が理解できる。
b0085879_8475640.gif

[PR]
by tikyuu_2006 | 2014-03-18 11:19 | 新しい文明の構想
<< 米MITが研究開発、その透明太... エントロピーと社会、文明 >>