IEAが「石油ピーク」をようやく認める

APECが何となく終りました。地元鎌倉などは大騒ぎ、交通規制で大変でした。そして今、 「石油ピーク」警告がネットに飛交っていますが、日本は?

11月、2010年版のIEAレポート「世界エネルギー見通し」(World Energy Outlook 2010)が発表されました。その後、「石油ピーク」を警告する記事がインターネット上世界を飛び交っています。ですが、日本は依然として黙殺、無視のようです。大丈夫なのでしょうか。
以下、順不同ですが列記します、どうぞご覧になり、本気でお考え下さい。

●ニューヨークタイムスの警告です。November 14, 2010, 8:47 am
Is ‘Peak Oil’ Behind Us?
Peak oil is not just here — it’s behind us already.
ただ来ているのではない、もうすでに背景にある、がIEAの結論である、と述べます。

●仏ルモンドです。
The end of cheap oil 12 November,
その最後の一節は象徴的です。
・・・もう拒否する時間など無い、政府も社会も対応をスタートすべきである。
the “post-peak” world clearly does not imply the End of the World: but it implies an extremely volatile one, whose dynamics will be difficult to predict. It is a world not of easy abundance, but of declining – and increasingly expensive – carbon-based resources. If we are to develop sufficient resilience to the various price shocks and converging crises of the “post-peak” world, we will need to recognize that they are symptomatic of an inevitable civilizational transition toward an emerging post-carbon age. There is no time for denial. Governments and communities need to start adapting now.

ASPO会長のKjell Aleklettが自己のHPで、2010のIEAレポート、WEOについて面白い評価です。
「Spin slips off oil production numbers, World Energy Outlook 2010 is a cry for help」
Kjell Aleklett, Newcastle Herald, November 11, 2010

●最新のIEAレポートに関する記事、National Geographicなどです。
1)IEA World Energy Outlook 2010 Now Out; a Preliminary Look
2)太陽光発電、コスト低減の見通しは?
3)CO2回収貯留技術(CCS)の行方,
4)石油ピーク”は2006年に過ぎた?
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-11-17 04:13 | 石油ピークとは
<< 石油文明が終る、日本はどう備える 日本が最も意識改革が進んでいるのでは >>