メキシコ湾の原油流出事故は「文明崩壊」のシグナルか?

新聞、TVが報道しない、あるインターネットメディアの記事です。タイトルは、

「原油流出事故は「文明崩壊」のシグナルか?ピークを越えてしまった「複雑系」社会」です。とても良い内容です。以下はその書き出しです。

米国ルイジアナ州沖のメキシコ湾で起きた深海油田事故は、1989年にアラスカ沖でタンカーが座礁した際に流出した25万バレルを大きく上回る大惨事となった。2010年4月20日の事故発生から6月末までの流出量が270万バレルを超えたという試算もあり、間違いなく米国史上最悪の原油流出事故という汚名が年表に記されるだろう。
この事故は、地球が直面する深刻な状況を浮き彫りにした。石油によって支えられている「現代文明」が崩壊に向かい始めた「シグナル」ではないか――。決して大袈裟な認識ではない。その理由を説明しよう。
実は、人類は未だに「エネルギーをつくり出す技術」を手にしていない。我々が持っているのは、自然界から「エネルギーを取り出す技術」に過ぎない。取り出すにもエネルギーが不可欠である。少量で済むのか、逆に大量に使う必要があるのかはケースによって様々である。

こうしたエネルギーの回収効率は、EPR(Energy Profit Ratio)あるいはEROI(Energy Return on Investment)と呼ばれる指標で示すことができる。EPRは、回収エネルギー(Eout)/投入エネルギー(Ein)という単純な割り算になる。したがって、回収エネルギーよりも投入エネルギーが多くなれば(EPRが1を下回るならば)、そのエネルギーにはもはや価値はない・・・・・

偏った日本の報道は、国民を間違った方向に導くこの記事をごらんを!
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-07-10 13:27 | 石油ピークとは
<< 石油に替わるエネルギーなどない... メキシコ湾の石油事故と「石油ピ... >>