米軍関係レポートが大幅な石油減耗を警告

英国のguardian紙によると(2010-4-11)、米軍関係レポートは石油生産は2015年には大量に不足、それは日量1000万バレルに達する、価格バレル100ドルへと警告。今も公的には米政府は楽観論、ですが、衣の下から鎧が見える?!
--------------------------------------------------------------------------------
米軍は、石油生産の余裕能力が2年以内になくなり、2015年までに、経済的、政治的に重大な衝撃を伴う深刻な供給不足になると警告した。米国の統合軍事司令部の「統合作戦環境報告」の中で、エネルギー危機の概要として、イギリスでのガソリン価格が記録的な水準に達し、原油価格がバーレルあたり100ドルに間もなくなるものと予想されている。

「報告」の序文は上級司令官James N Mattisが担当しており、2012年までに石油生産の余裕能力は全くなくなり、2015年には石油の供給不足は1000万バレル/日に達するであろうと述べている。
 さらに、このような供給不足から生み出される経済的、政治的、そして戦略的な影響について、厳密に予測することは困難であるが、発展国、発展途上国ともに、成長への期待は確実に低下する。このような経済的なスローダウンによって、未解決の緊張が悪化し、不安定な国家、後退している国家は、崩壊への道筋を辿るであろう。そして、恐らく中国、インドに深刻な経済的衝撃をもたらす。
 米軍によると、この見解が米国政府に取り上げられていないが、統合軍が将来の軍事展開を指揮するコンセプト構築において、知的な基礎となるものとして是認している。

 この警告は、石油ピーク(需要が供給を超えた瞬間)が 未だ先の恐れから、より即時的なリスクに転換した世界から発せられた最新の警告である。 イギリスのエネルギー政策に関してWicks Reviewは昨年の夏、「有効に退けられた恐怖」を発表した。しかし、Lord Hunt(イギリスのエネルギー大臣)は、問題の深刻さについて急速に変化しているとの思いを持って、2週間後に関係する産業人と面談した。
 パリに本部のあるIEA(国際エネルギー機関)は、石油不足の短期間リスクはないと確信している。しかし何人かの上級役員は、この楽観的なスタンスについて内部的に相当な不一致があることを、個人的に認めている。
 将来の燃料供給は、世界一のガソリンユーザーである米軍にとって極めて重要である。
BPの第一専務であるTony Haywardは最近、アメリカで禁止されているカナダタールサンドからの原油を(BPが)得る機会は殆どない。何故なら、米軍は、政治的に不安定な中東に依存するよりも、ローカル供給を好んでいるので。

 しかし、米国エネルギー省も、石油ピークに対するスタンスを変化させている兆しがある。フランスの新聞Le Mondeの最近のインタビューにおいて、オバマ政府の第一石油アドバイザーGlen Sweetnamは、もし投資が上向きにならなければ、「世界の液体燃料の2011~2015年の生産が減少する経験が存在する」ことを認めた。ロンドンのキング大学で石油ピークを研究した卒業生Lionel Banalは、米軍によるレビューは論争を先に進める、と言った。
 Lionel Banalは言う。「米国エネルギー省ではなくて米軍が、近いうちに重大な石油不足を警告するとは驚きである。今、その基になっている情報の研究を知ることは興味深い。」「エネルギー省の中のエネルギー情報局(EIA」は、何年もの間、石油ピークは何十年も先のことであると言ってきた。米国統合司令部からの「報告」に照らして、EIAは、これまでの極めて楽観的な結論に、相変わらず、確信するのであろうか?」

「統合作戦環境報告」は、深刻な経済的激変が起こったときに生じるであろう、荒涼としたピルチャーを描いている。そして「(世界)大恐慌が全体主義政権を大量に生み、それらが無慈悲な略奪によって経済的な富を求めたことを、忘れてはならない。」とと指摘している。(田村八州夫さん訳)



The US military has warned that surplus oil production capacity could disappear within two years and there could be serious shortages by 2015 with a significant economic and political impact.The energy crisis outlined in a Joint Operating Environment report from the US Joint Forces Command, comes as the price of petrol in Britain reaches record levels and the cost of crude is predicted to soon top $100 a barrel.
"By 2012, surplus oil production capacity could entirely disappear, and as early as 2015, the shortfall in output could reach nearly 10 million barrels per day," says the report, which has a foreword by a senior commander, General James N Mattis.
It adds: "While it is difficult to predict precisely what economic, political, and strategic effects such a shortfall might produce, it surely would reduce the prospects for growth in both the developing and developed worlds. Such an economic slowdown would exacerbate other unresolved tensions, push fragile and failing states further down the path toward collapse, and perhaps have serious economic impact on both China and India."
The US military says its views cannot be taken as US government policy but admits they are meant to provide the Joint Forces with "an intellectual foundation upon which we will construct the concept to guide out future force developments."
The warning is the latest in a series from around the world that has turned peak oil – the moment when demand exceeds supply – from a distant threat to a more immediate risk.
The Wicks Review on UK energy policy published last summer effectively dismissed fears but Lord Hunt, the British energy minister, met concerned industrialists two weeks ago in a sign that it is rapidly changing its mind on the seriousness of the issue.
The Paris-based International Energy Agency remains confident that there is no short-term risk of oil shortages but privately some senior officials have admitted there is considerable disagreement internally about this upbeat stance.
Future fuel supplies are of acute importance to the US army because it is believed to be the biggest single user of petrol in the world. BP chief executive, Tony Hayward, said recently that there was little chance of crude from the carbon-heavy Canadian tar sands being banned in America because the US military like to have local supplies rather than rely on the politically unstable Middle East.
But there are signs that the US Department of Energy might also be changing its stance on peak oil. In a recent interview with French newspaper, Le Monde, Glen Sweetnam, main oil adviser to the Obama administration, admitted that "a chance exists that we may experience a decline" of world liquid fuels production between 2011 and 2015 if the investment was not forthcoming.
Lionel Badal, a post-graduate student at Kings College, London, who has been researching peak oil theories, said the review by the American military moves the debate on.
"It's surprising to see that the US Army, unlike the US Department of Energy, publicly warns of major oil shortages in the near-term. Now it could be interesting to know on which study the information is based on," he said.
"The Energy Information Administration (of the department of energy) has been saying for years that Peak Oil was "decades away". In light of the report from the US Joint Forces Command, is the EIA still confident of its previous highly optimistic conclusions?"
The Joint Operating Environment report paints a bleak picture of what can happen on occasions when there is serious economic upheaval. "One should not forget that the Great Depression spawned a number of totalitarian regimes that sought economic prosperity for their nations by ruthless conquest," it points out.
[PR]
by tikyuu_2006 | 2010-05-06 06:42 | 石油ピークとは
<< もう一つのスリーマイル島? 「温暖化と思考停止」  >>