民主党は大丈夫?:マニフェストにもなかった「日本の未来」

2009年8月30日は、日本の歴史に残る日でした。民主党の大勝は、自民のオウンゴール、敵失のため、などと言われますが、長年の日本の構造が変る兆し、明治以来の中央集権の崩壊と前向きに捉えたいものです。この「静かな革命」は、皮肉にも経済恐慌がもたらしたのでは。蔓延する格差、茫漠とした未来への不安が本当の原因だったのでは。何れにせよ確かなこと、国民は変革を求めたのです。

民主党のマニフェストも物足りませんでしたが、せっかく国民が自ら勝取った変化です。新しい理念で新政権に期待したいものです。
しかし国民の明確な要求、願望がありません。革命とすれば、奇妙な革命です。これでは、いずれ振子が逆に振れかねません。
茫漠とした不安の原点は明らかです。今の深刻な経済危機、雇用不安でしょうが、その真因は「石油ピーク」と思います。 これは「食料ピーク、文明ピーク」なのです。いま本当に必要なこと、それは石油文明の終焉に備えることです。

この選挙期間中、常に疑問に思ったことです。政産官学の意見、各党マニフェストにも、これが全くありませんでした。最も重要なことが全く話題にもならなかったのです。メディアの常連評論家にも、本当の問題がわかってないようです。 
どうぞ政治家の皆さん、私の「日本のプランB」をお読みください。日本の未来がみえてきます。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2009-09-01 04:08 | これからの日本
<< 「石油ピーク」を理解して温暖化... 環境大臣の電気自動車推進論は大... >>