宇宙太陽光発電は「夢でしかない」: EPRで考えるべき

毎日新聞、2月22日(日)に太陽光発電の大特集、キャンペーン記事が。 そこに”2050年目指し「宇宙時発電」も研究進む”、とあった。宇宙航空研究開発機構、JAXAは「夢の技術でなく、30年には実現できる」と強調した、という。

本当にそうなのか、そうではなかろう。かって米国が1960年代に計画したが、80年代に中断した。90年代以降日本で研究が活発化し、米国が開発を再開した、とある。これも本当にそうなのか。

米国での中断の理由は、根本的に2つあった。先ずエネルギーコストであり、もう一つ、これはさらに脅威的だが電離層などの地球環境破壊を恐れたのである。宇宙から送電するのに、電線は引けない。 マイクロ波、つまり電波で送るしかない、それも大電力をである。 これは何が起こるかわからない、それを恐れた。

エネルギーコストは、EPR:エネルギー収支比で併せ考えるべきである。宇宙は雲がないなどは、子供の論理でしかない。 結論的には、宇宙太陽光発電は「夢でしかない」のである。 新エネルギーをEPRで科学的に評価する習慣を日本も身に付けたいものである。 宇宙航空研究開発機構におかれても、ぜひ宇宙太陽光発電のEPRを検討していただきたいものである、国家プロジェクトとして「国民の理解」を得たいのであれば。
[PR]
by tikyuu_2006 | 2009-02-22 12:17 | エネルギー、環境
<< 「リチウムイオン電池車と家電買... 100年に一度の経済危機はなぜ... >>