「ほっ」と。キャンペーン

経済恐慌は英文字のL: 底を這って脱出口を見つけられる?

「底を這って脱出口を見つけられるか」
1月15日、東京・帝国ホテルの新春セミナーで曽根康弘元首相は、 「政治も経済も底を這(は)って何とか脱出口を見つけようというのが今年の姿である」と述べたそうである。本当にそうだろうか?

100年に一度の大不況と、麻生総理などがいうが、これはいずれ回復、元に戻る、つまり一過性という見方である。 ある著名な東大教授などは「台風一過」、という表現すらつかう。 そして回復も英語の大文字「VかU」か、期待は様々である。

が、そうではなかろう、「人類最後のバブル崩壊」とみるべきでは。これは英字の「L」である、現代浪費型文明の終焉、安く豊富な石油時代が終わった。類まれな石油に代わるものはない、のである。つまりV,UでなくL。人類の一大事、「「地球が危ない」でなく、人類が危ない」
[PR]
by tikyuu_2006 | 2009-02-08 06:44 | 新しい文明の構想
<< 私の文明改革論:「日本のプランB」 オバマ政権のグリーンニューディ... >>